ブログ

HOME» ブログ »創造的模倣という発想法

ブログ

創造的模倣という発想法

創造的模倣という発想法
 

不便を当たり前と思え!?

徳川家康の遺訓と言われる言葉に、
「人の一生は重荷を負って遠い道を行くがごとし。急ぐべからず。不自由を常と思えば不足なし」
というものがあります。

この教えは、国を治め、反乱や一揆の芽を摘むために重要だったと考えています。

ところで、1970年代初頭にスーツケースにキャスターが付けられるようになるまで、なぜ5000年もの間、その必要性が認識されなかったのでしょうか?

その答えは、「それが当たり前」と考えられていたからです。
それまでは、「不自由を常と思えば不足なし」という状態でした。

もし、私たちが不便を当たり前として諦め続けていたなら、次の5000年も重たい荷物を手で持ち歩いていたかもしれないのです。

要するに、徳川家康の教えに従っていたら、キャスター付きスーツケースは開発されなかったのです。
しかし、誰かがそれを「不便」「問題」と捉え始めたことで、キャスター付きのスーツケースが開発されました。

「常識と当たり前」を基準にしている限り、新たな発想は生まれません。
「キャスター付きスーツケースの開発」を創造的に模倣し、周りの「常識と当たり前」に疑問を投げかけましょう。
 

商品開発の最高の褒め言葉

ピーター・ドラッカーは、イノベーションの最高の褒め言葉として、「なぜ、気づかなかったのだろう?」を挙げています。
「常識と当たり前」を疑うことで、新たな発想が生まれ、商品開発につながるのです。
 

創造的模倣の成功事例

例えば、私が主宰する【ニッチトップ戦略塾】の塾生企業さんの中に、「止まらない雨漏りはある」という業界の常識を疑い、「他社の施工で止まらなかった雨漏りも止める」という屋根からの雨漏り専門会社があります。

現在、契約から施工まで3ヶ月待ちの状態が続いています。
なお、雨漏りしている状況で3ヶ月待たせるわけではなく、応急措置を施してから3ヶ月待っていただいています。

また、重度の障害を持つ人たちが「寝たきりが当たり前」「苦しいのは仕方ない」という社会の常識を疑い、「縦・横・ねじりの動き」で、「移動できない」や「動けない苦痛」を解消する電動車いすを開発した会社もあります。
 

常識と当たり前を疑う事例を探してみよう!

世の中には、このような事例がたくさんあります。
ネット検索やチャットGPTなどを活用して、あなたのビジネスに活かせる事例を探してみましょう。

そして、「誰かが欲しがっている」「誰も対応しようとしていない」「おもしろそう」という、3つの要素を満たす商品やサービスに取り組んでみてください。

高収益事業に転換できます。
 

創造的模倣の発想法を修得したい経営者様へ

ニッチトップ戦略塾のご案内です。
創造的模倣の発想法を修得する方法を学べる藤屋式ニッチ戦略塾の詳細とお申込みは、
  • 【映像コース】(データ&DVD)はここをクリックしてください。
  • 【通塾コース】(東京会場、札幌会場、オンライン会場)はここをクリックしてください。
  • 【指導者養成コース】(集合とオンラインの併用)はここをクリックしてください。

  毎月の課題に取り組むことで、高収益事業への転換が図れます。


#ニッチトップ戦略_ポジショニング #粗利益率アップ_値上げ #ドラッカー_顧客の創造
2024/03/26

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

映像教材

著書一覧

 

セミナー

ニッチトップ戦略塾

コンサルティング

映像教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他