藤屋式新規事業創出塾

HOME» 藤屋式新規事業創出塾 »新規事業創出塾 6ヵ月で立ち上げる

藤屋式新規事業創出塾

新規事業創出塾 6ヵ月で立ち上げる

藤屋式新規事業創出塾

こんなことでお悩みではありませんか?

・現在の事業は順調だが、将来のために新規事業を立ち上げたい
・強みの有効活用をしたい
・個別コンサルは高額すぎるので、もっと安い方法はないか探している

高収益の独自化事業を6ヵ月で立ち上げる


6ヵ月で自社の強みを活用した独自化事業を立ち上げ、高い利益率を維持しながら、安定的な売上げ拡大を実現しましょう。そのニッチトップ事業創出の料金は、何と2,900,000円(税別)です!​

4社限定のグループコンサル形式

競合関係にならない異業種・異業態の企業様で構成します。講師の他社へのアドバイスも参考になりますし、他社からは顧客目線・市場目線の質問やアドバイスを頂けます。もちろん、守秘義務に関する誓約書をご提出頂いています。

1社4名までのプロジェクトチーム形式

新規事業を創出するのが目的の塾ですが、実際に運営して利益をあげることを最終目標にしていますので、プロジェクトチーム形式を採用しました。
第1期の藤屋式新規事業創出塾は、経営者様だけのご参加で、ご理解が早くスムーズな塾運営ができたのですが、技術的や現場的な面で、いったん持ち帰って確認ということもありました。
また、経営幹部の方、各部署の方を巻き込むことで、新規事業への取り組みもスムーズになります。
また、中小企業における新規事業への取り組みは、戦略的なものであり、経営判断を要しますので、経営者様のご参加を必須条件としました。
 

参加されたお客様のご感想

期待以上のセミナーでした。新規事業を形にする目処が立ちました。
「強制的に動かなければならない状況」に自分を追い込むための参加でしたが、参加されている企業様より、いくつかの良い知見を得ることができました。
事業というものに対する考え方も大きく変えることができたと思っております。
この新規事業によってこちらへの投資分を回収した後、また参加させていただきたく思っています。
弊社にとっては大変意義深いセミナーでした。
置かれている状況、希求されているものはいろいろでしょう。それらが得られるかどうかはわかりませんが、参加すると必ず何かが変わると思います。
(株式会社 インタース 社長 松下正寿様、東京都)
 

個別コンサルの品質をこの料金で提供します!

6ヵ月で自社の強みを活用した独自化事業を立ち上げ、高い利益率を維持しながら、安定的な売上げ拡大を実現しましょう。その独自化事業創出の料金は、何と2,900,000円(税別)です!
 
 こんな中小企業の経営者様を対象にした経営塾です
 

新規事業の創出は課題シートへの取り組みで

下記のシートを使ってオンリーワン事業づくりのアイデアを出していきます。そのポイントは、普段思っていることを書き出す。知っていることを書き出す。できることを書き出す。重要な顧客に評価されたことを書き出す。そこからスタートします。
そのシートに対して、「業界の常識」や「貴社の当り前」を知らない講師の藤屋が、様々な角度から、質問し、アドバイスしながら、満たされていない(手付かず、手薄な)ニーズを探し出していきます。
さらに、「自社の強みを活かせるか?」「参入障壁をつくれるか?」の視点で、アイデアを絞り込んでいきます。
・新規事業の方向性確認シート
・自社の強み発見・活用・強化シート
・市場・顧客の「不」抽出シート
・変えたらシート
・新規事業のアイデア評価シート当り前を疑うシート
・新規事業設計シート
 

新規事業の個別コンサルティングとの違い

 
魅力 内容
塾の品質は一般のコンサルティング以上 一般的な新規事業のコンサルティングでは、新規事業を立ち上げることが目的になっていますが、本塾では、オンリーワン(競争がなく利益率が高い)事業を立ち上げることを目的にしています。
短期間で立ち上がる 貴社では当たり前すぎて気づかない強みに気づくことができる講師が、「貴社の強み×生態的ニッチな顧客ニーズ」のマッチングをアドバイスすることで、社内で新規事業を創出するプロセスの多くを短縮することができます。
新規事業の創出価格
(塾費)
本塾では価値を提供しています。その価値とは、6ヵ月でオンリーワン事業を創出することです。セミナー料金ではなく、「オンリーワン事業の創出コスト」としてとらえて頂くと、超割安料金だと分かって頂けます。
 

藤屋式新規事業創出塾が高く評価される理由

  1. 質問力がすごい
  2. アイデア力がすごい
  3. 割安である
 

【理由】

その1:質問力がすごいのは、ドラッカーを中心としたマーケティング理論やイノベーション理論に基づき、貴社の強みや、事業・商品・提供方法・流通経路を、満たされていないであろう顧客ニーズの視点で考えることができるからです。

その2:アイデア力がすごいのは、私が精読するドラッカーをはじめとするぶ厚い経営の専門書(研究書)を精読しているからです。これらの専門書は戦略やマーケティングやイノベーションの優れた事例集でもあります。その専門書を何万時間もかけて読み込み、23年のコンサルタントの経験で300社以上の業績伸長やV字回復を支援してきました。また、2012年から開塾した複数の塾で500人以上の塾生さんを指導してきました。こうした理論と実践が藤屋のアドバイス力となって、塾生企業さんに合ったアドバイスとして高い評価を頂いています。

その3:割安である藤屋式新規事業創出塾の第1期は3社でスタートしたのですが、ある塾生さんから、第1回目のアドバイスで、「これだけで元が取れた!」を言って頂きました。それは、主にドラッカーから学んだことや、主催している複数の塾で、毎月、70名以上の塾生さんに接し、さまざまな業界の、さまざまな事業規模の生態的ニッチ戦略の策定支援しているからです。

 

藤屋式新規事業創出塾の概要


【プログラム】

【藤屋式新規事業創出の定義】
ドラッカーの経営論×生態的ニッチ理論×ブルーオーシャン・シフト論×マネ防止策で、非競争(独自化)の新規事業をつくること

◆第1回目 新規事業創出の基本と原則を知る
【講義内容】
◇新規事業創出のルール
◇ドラッカー式マーケティング思考法
◇ドラッカー式イノベーションの起こし方
◇生態的ニッチは適所:棲み分けと食い分け
◇参入防止(マネ防止)策を組み込む

【使用するワークシート】
◇新規事業の方向性確認シート

◆第2回目 自社の強みを理解する
【講義内容】
◇前月の課題発表
◇強みが事業である
◇強みとは何か
◇強みを知る3つの手段
◇魅力を生み出す業務を知る
◇真の強みを特定する
◇演習

【使用するワークシート】
◇自社の強み発見・活用・強化シート

◆第3回目 生態的ニッチをさがす(1)
【講義内容】
◇前月の課題発表
◇生態的ニッチとは「棲み分け・食い分け」ること
◇既存事業を細分化する
◇演習

【使用するワークシート】
◇市場・顧客の「不」抽出シート
◇ブルーオーシャン化シート
(生態的ニッチ戦略化シート)
◇変えたらシート

◆第4回目 生態的ニッチをさがす(2)
【講義内容】
◇前月の課題発表
◇演習

【使用するワークシート】
◇市場・顧客の「不」抽出シート
◇ブルーオーシャン(生態的ニッチ)化シート
◇変えたらシート

◆第5回目 アイデアを絞り込む
【講義内容】
◇前月の課題発表
◇対象顧客の決定(ペルソナの設定)
◇市場性はあるか?
◇業界の異常識・非常識か?
◇めんどうくさそうか?
◇外部から儲かる仕組みが分かりにくいか?
◇演習

【使用するワークシート】
◇新規事業のアイデア評価シート
◇ポジショニングシート

◆第6回目 新規事業設計シートを作成する
【講義内容】
◇前月の課題発表
◇目標とする利益率と売上高
◇提供する価値
◇商品の設計
◇提供方法の設計
◇流通チャネル
◇情報発信の仕組みをつくる
◇演習

【使用するワークシート】
◇新規事業設計シート
 
 
ニッチトップ(ダントツ)がベター
 

◆日程(スケジュール)

実施月 11月スタート 1月スタート
11月 18日(月)
12月 16日(月)
1月 27日(月) 14日(火)
2月 17日(月) 18日(火)
3月 16日(月) 10日(火)
4月 20日(月) 14日(火)
5月 12日(火)
6月 9日(火)

◆運営方式:グループコンサルティング形式
◆場所:JR品川駅近く(予定)
◆定員:4社(1社4名まで。経営者のご参加は必須。ご1名追加ごとに490,000円、消費税別 追加)
◆新規事業の創出価格(塾費):2,900,000円(消費税別、6ヵ月間、全6回)
(お申し込みを確認後、会場のご案内とご請求書をお送りします)
◆上記以外の日程・地域での開催をご希望される場合(ただし4社以上、4社未満の場合は4社分の金額)はご相談に応じます。

▶︎塾生規約

 

入塾をためらっているあなたに

現在の事業を拡大して成長するか? 2本目、3本目の事業の柱(ニッチトップ事業)をつくって成長するか?
前者は差別化戦略であり、後者は、非競争・弱競争をねらうニッチ戦略です。どちらが貴社の成長戦略に合っていますか?
2本目の事業の柱づくりをニッチ戦略でやると、その方法を使って、現在の事業もニッチ戦略に転換することができます。
1つの事業で売上高を50億円、100億円にするよりも、複数のニッチトップ事業で50億円、100億円にするほうが競争もなく、高い利益率を維持しながら成長することができます。
何よりも、事業のトップに就かせることが後継者育成の近道です。しかも、複数の後継者候補を事業部のトップに就かせることができることが多角化の魅力です。実際に経営をやらせてみて、はじめて適性を見極めることができるからです。
ぜひ、多角化に取り組んでみてください。そうして、多少の経営環境の変化にも耐えうる事業構造を確立してください。
そのためにも、ぜひ、本塾でニッチトップ事業を立ち上げてください。
2019/07/30
藤屋式新規事業創出塾 お申し込みフォーム
お申し込みのコース*
お名前*
ふりがな*
会社名*
取扱商品*
役職名
郵便番号
所在地*
電話番号
携帯電話番号*
メールアドレス*
塾生規約*
確認済み

▶︎受講生規約はこちら