コンサルティング

HOME» コンサルティング »藤屋式ニッチ戦略 コンサルティング

コンサルティング

藤屋式ニッチ戦略 コンサルティング

藤屋式ニッチ戦略 コンサル

4ヵ月で藤屋式ニッチ戦略を設計する

4ヵ月、8回で藤屋式ニッチ戦略を設計します。
しかし、何らかの事情で4ヵ月で設計できそうにないとき、設計できなかったときは、追加料金なしで日程追加を行います。

藤屋式ニッチ戦略については、ここをクリックしてしてください。
 

コンサルティングの形式

  • 移動時間を節約するために、ZOOMを使ったオンライン(テレワークシステム)で行います
  • 意思決定できる方がご参加頂くことが必須条件です。4ヵ月、8回という短期間で集中的に行いますので、意思決定できる方がいないと、コンサルティングになりません。
  • 事業戦略の設計ですから、製造・販売など、関連する部門が一体となって取り組まなければうまくいきません。そのため、各部門の遂行責任者の方々をメンバーに加えてください。
  • コンサルティングの日程は、打ち合わせのときに決めた日程で行います。先に入った重要な仕事として取り組んでください。なお、予定していた日程を中止し、別の日程で実施する場合、追加料金を頂くことがございます。
 

藤屋式ニッチ戦略塾 コンサルティングコースの概要

  • 運営方式:ZOOMを使ったオンライン
  • 場所:貴社で受講
  • コンサルティング料:3,900,000円(別途消費税)
  • 対象は1事業
  • 日程は別途打ち合わせ
 

藤屋式ニッチ戦略の設計手順

コンサルティングの進め方は、おおむね下記のとおりですが、貴社の状況、進み具合によって、臨機応変に進めていきます。
  1. 理想事業を設計する:ゴールを設定することで方向性が定まり、軸がブレなくなる
  2. 強みを再認識する:強みこそ、粗利益率をアップする最強かつ唯一の経営資源である
  3. 対象顧客を特定する:価値観が多様化した今、対象顧客を絞り込むことが戦略設計の第1歩になる。ただし、捨てる勇気が必要だ
  4. ファン化・信者化の仕組みをつくる:特定した顧客が欲しくてたまらないような商品設計と提供方法を決定する
  5. 効果的な情報発信をする:知らなければ買ってもらえない。戦略に基づき、「誰に・何を・どのように」の情報発信の仕組みをつくる
  6. 藤屋式ニッチ戦略シートにまとめる:以上5つの整合性が図れるように1枚のシートにまとめる
 

お客様のご感想

期待以上のコンサルティングでした
新規事業を形にする目処が立ちました。
「強制的に動かなければならない状況」に自分を追い込むために依頼しましたが、いくつかの良い知見を得ることができました。
事業というものに対する考え方も大きく変えることができたと思っております。
今回の新規事業によってこちらへの投資分を回収した後、またお願いさせていただきたく思っています。
弊社にとっては大変意義深いコンサルティングでした。
置かれている状況、希求されているものはいろいろでしょう。
それらが得られるかどうかはわかりませんが、依頼すると必ず何かが変わると思います。
(株式会社 インタース 社長 松下正寿様、東京都)


▶︎コンサルティング規約

 
2019/07/30
藤屋式ニッチ戦略塾 コンサルティングコース お申し込みフォーム
お名前*
ふりがな*
会社名*
取扱商品*
役職名
郵便番号*
所在地*
電話番号
携帯電話番号*
メールアドレス*
コンサルティング規約*
確認済み

▶︎受講生規約はこちら