ニッチトップ戦略とは
粗利益率をアップしたい中小企業の経営者様へ

何らかの特徴を持つ中小企業(特にモノづくり企業)がニッチトップ戦略に取り組めば、特定分野で圧倒的な存在になることができます。
ニッチトップとは、特定分野でオンリーワンを含むナンバーワンになることです。
言い換えれば、競争優位あるいは競争回避するために、強みを活かせる「小さい池の大きな魚になる」「もっと小さい池の唯一の魚になる」ことです。
ニッチトップ戦略の成功事例をここでご確認ください。
 
ニッチトップ戦略塾 通塾コース ニッチトップ戦略塾 映像コース
ニッチトップ戦略塾 指導者養成コース コンサルティング
講演会講師 映像教材
お客様の声
著書一覧
 
Update article List/ 更新記事一覧 
既存事業を高収益事業に変える方法
  事業戦略設計の常識を疑え 経営論の常識として、事業戦略を設計するプロセスは、「誰に・何を・どのように」と教わってきました。 色々なことができる大企業はそれが正しいと思います。 しかし、業績が良い企業でも、…
[ ブログ ] 2024/02/27     >>>more
経営がときめく ニッチトップ戦略 の魅力
  ニッチトップへの道は意外と広い 「ときめく」には、「喜び・期待などで胸がわくわくする」という意味があります。 実現すると収益構造が一変するニッチトップは、「誰でも実現できるわけではない」と思われています…
[ ブログ ] 2024/02/20     >>>more
ニッチトップになるイノベーション思考法
  前提を疑え! 本当の頭の良さ(器用さ)とは、誰も思いついていないことを思いつくことです。 また、誰にも見えていない本質を見抜くことです。 子どもの発想が面白いのは先入観がないからです。 先入観の最た…
[ ブログ ] 2024/02/13     >>>more
ポテンシャルを活かせ!
  ポテンシャルとは? 中小企業は自社のポテンシャルを一番分かっていません。 ポテンシャルとは潜在能力・可能性のことです。 言い換えれば、「活用されていない強み」のことです。 中小企業にはローテクやノー…
[ ブログ ] 2024/02/06     >>>more
貴社の存在価値は?
  貴社は、何を求める顧客にとって存在価値があるか? 「マネジメントの父」と呼ばれているピーター・ドラッカーは、「顧客は誰か」「顧客にとっての価値は何か」と問いかけています。 ニーズが多様化した現在において、中…
[ ブログ ] 2024/01/30     >>>more
他社がやりたがらないことをやれ!
  中小零細企業の強みを活かせ! ニッチトップ戦略とは、他社ができないこと、やりたがらないことに特化する中小零細企業のための事業戦略です。 特化すればするほど尖った存在になり、他社との違いが鮮明になっていきます…
[ ブログ ] 2024/01/23     >>>more
貴社のビジネスモデルは、今も今後も有効か?
本日の日経新聞に、「アパレルは、もはや春夏秋冬ではなく『春夏・盛夏・秋冬』になった」との記事がありました。 アパレル業界の商品企画から販売に至るまでのスケジュールをチャットGPT Plusに聞いてみました。  …
[ ブログ ] 2024/01/16     >>>more
自社のポテンシャルに気づいているか!
  ポテンシャルに気づかない理由 中小企業の多くは、自社のポテンシャル(潜在能力、可能性)を一番分かっていません。 中小企業にはローテクやノーテクのモノづくりの技術、販売力などの現場力があります。 それが、ほ…
[ ブログ ] 2024/01/09     >>>more
価格=期待価値・知覚価値である
  購入時に大切なのは期待価値・知覚価値である 購入の決断において、その商品の機能や品質などの客観的価値は本質的に大切なことではありません。 対象顧客が重要と認め、その見返りとして支払うとする金銭(価格)の程度…
[ ブログ ] 2023/12/26     >>>more
経営は成功率3.9%でも十分か?
  最後の勝利ですべてが報われる プロ野球では、打者は4回三振しても、最後の打席でホームランを打って勝利に結びつければヒーローと言われます。 他方、投手は8回を無失点に抑えても、9回に1点でも取られて負ければ敗…
[ ブログ ] 2023/12/19     >>>more