藤屋式ニッチ戦略塾

HOME» 藤屋式ニッチ戦略塾 »藤屋式ニッチ戦略塾 上級コース

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式ニッチ戦略塾 上級コース

ニッチ塾上級コース

こんな課題を解消したいと思っていませんか?

  • 税理士様:顧問先と共に成長したい
  • コンサルタント様:事業戦略のコンサルティング・スキルを修得したい
  • 卸売業者様:他社と差別化するための提案力を磨きたい
  • 勉強会の主催者様:社内や仲間とドラッカーの事業戦略の考え方を共有したい
  • 藤屋式ニッチ戦略塾の塾生さん:もう一段、広く深いニッチ戦略を学びたい
 

藤屋式ニッチ戦略塾 上級コースの対象者様

上級コースの前提になっている藤屋式ニッチ戦略塾の内容は【このページ】でご確認ください。
 

顧問先と共に成長したい税理士事務所様

数年前に話題となった「将来、AIに業務をとって代わられる仕事」の一つに税理士業務がありました。
法律が変わらないかぎり、税理士の需要が無くなることはないでしょう。
しかし、税務署への提出書類に税理士印を押すだけでは、価格競争に巻き込まれることは間違いありません。
ご承知のように、価格競争に巻き込まれないためには、税務業務以外の経営支援サービスなどで差別化していくことが、ますます重要になってきます。

経営環境の厳しさは、税理士事務所様だけではありません。
顧問先も同じような状況で、最も身近な頼りになる存在として、税理士事務所様に頼りたいので経営支援サービスのニーズはあります。
そこで、すでに多くの税理士事務所様が、経営計画の支援サービスを行っています。
その質の違いは確かに存在するのですが、「経営計画の質」は、実際に受けてみるまで知ることができません。
それは、どの事務所様も「幣所の経営計画はすばらしい」と言っているからです。
したがって、「経営計画の支援サービス」というだけでは、税理士事務所様の真の差別化にはなりません。
今後は、さらに一歩踏み込んだ表現の経営支援サービスが必要になります。
 
小澤 昌人 様(ももとせマネジメント税理士法人 代表社員、高崎塾 塾長)からのメッセージ
一番簡単に就ける職種は社長だという冗談を聞いたことがあります。確かに登記をすればその日から形式的には経営者です。しかし、実質的に経営者になるには継続的に学んで実践しなければなりません。我々税理士も同じですよね。開業すればなんとかなるという時代は終わりました。自身が学んで実践したことをお客様と共有し、ともに成長する。そんな税理士が求められているのではないでしょうか。上級コースにはそのためのエッセンスが詰まっています。
類家 元之 様(類家公認会計士事務所 所長)からのメッセージ
ニッチ戦略塾と上級コースで学んでいます。「ドラッカー理論は、大企業のもの」と思い込んでいましたが、藤屋伸二先生(ニッチ先生)の塾に通い、その考え方を改めました。中堅中小企業こそがドラッカー理論に基づく「ニッチ戦略」を活用すべきです。この「ニッチ戦略塾 上級コース」は、ニッチ戦略を活用して素晴らしい成果を上げている経営者の方々の鍛錬の場です。そのような経営者の方々の生の声が聴ける貴重な場です。次代の経営者の相談役である中堅税理士及び若手税理士の方々が経営戦略を学ぶ最適の場と考えています。
 

事業戦略を修得したいコンサルタント様

中小企業診断士の資格を取得した、勤務時代に修得したノウハウ・スキルを使ってコンサルタントとして創業した。しかし、それらを活かしきれていない。
25年前に経営コンサルタントとして創業した私は、まさにその状況でした。

スポーツの世界では「名選手=名監督ではない」と言われ、ビジネスの世界では「成果をあげた担当者=成果をあげる管理者ではない」と言われています。
それは、コンサルタントの世界でも同じで、「名プレーヤー=名指導者」ではありません。
経営コンサルタントして成果をあげるためには、それなりのスキルが必要になります。
 
天田 幸宏 様(コンセプトワークス株式会社 社長、銀座塾 塾長)からのメッセージ
藤屋式ニッチ戦略塾と上級コースの両方を受講しています。ニッチ戦略塾に入門してから今年で10年目を迎えました。最初の数年間は意識の低いフリーライダー的な存在でしたが、2015年から参加している上級コース(当時は塾長専門のコースでした)で「コンサルタントとしての方向性」を見い出すことができました。現在では、中小企業向けに事業の再構築から新規事業のコンサルティングを依頼されるまでに。上級コースで3年くらい真剣に学べば、自分の強みをベースとしたコンサルティングが自信をもって行えるようになります。ぜひ、一緒に学びましょう。
 

提案力を磨きたい卸売業者様

アマゾンなどのネット販売業者との真っ向勝負を避けて成長したい。
ブラックジョークに、「アマゾンが参入してくるのは、業界にとって脅威だ。しかし、アマゾンが参入してこない業界はさらに脅威だ」というのがあります。

前者の場合、IT武装し、AI化を推進し、物流を充実強化しているアマゾンが参入して真っ向勝負になれば、ほぼ勝ち目はありません。
多くの事業者が廃業や倒産に追い込まれるのは「すでに起こった未来」です。
後者の場合、ロングテール(ネット販売において、ほとんど売れないニッチ商品の販売額の合計が、ベストセラー商品の販売額合計を上回るようになる現象のこと)のビジネスモデルを武器にしているアマゾンが参入してこない業界は、先がないと判断したからであり、お先真っ暗な業界だと言えます。
顧客である小売店の売上が、そのまま自社の売上を左右する卸売業者様。たいへん厳しい状況に置かれている小売店に対する「御用聞き営業」では生き残ることができません。
それでは、どのような小売店に、どのような価値を提供すれば共存共栄ができるのでしょうか?
 
佐々木 大輔 様(サンメディカル株式会社 営業部長、介護・医療機関専門塾 塾長)からのメッセージ
高齢者福祉業界で卸販売業を行っています。私は上級コースでプレゼン力が向上し、業績を150%アップすることができました。それは、エンドユーザー様が満足する価値が何かを、小売店様にはっきりとした形でメッセージとして伝えることができるようになるからです。
  ドラッカーは、「教えるときに、もっとも学ぶ」と言っています。見込み客に明確にメッセージ発信ができるようになり、業績がアップする上級コースをぜひ共に学び、実践しましょう。
 
飯田 章貴 様(株式会社Paseo 代表取締役、生花店向け商品企画・資材総合卸)からのメッセージ
通塾コースから上級コースに転塾したことで、(1)プレゼンをすることでニッチ戦略の理解度が深まり、(2)社内のスタッフへの説明スキルが身に付き社内共有が進んだ、(3)差別化が難しかった卸業で、小さな強みが、大きな強みに変わり数字実績に変化した、(4)課題シート発表でのアドバイスのレベルが違う。
本当に思いもよらないアイデアや戦略としての間違いを気づかせてもらえます。
 

勉強会の主催者様

社内の経営者仲間との勉強会で、勉強テーマや進め方でマンネリ感や共通言語の不足を感じていませんか?
そのような状況ならば、ぜひ、藤屋式ニッチ戦略塾 上級コースに入塾ください。
偏りがちな考え方を、「マネジメントの父」と呼ばれているドラッカーの理論をベースにすることで、勉強会の根っこ・幹が出来上がります。
 
杉山 穣 様(株式会社 建装 代表取締役、静岡塾 塾長)からのメッセージ
経営者の仕事は何か、私は経営方針の策定と実践と答えます。その為には継続的な情報収集と経営の勉強は必須です。私は藤屋式ニッチ戦略塾で五年学んだ後、上級コースを学びながら、静岡塾塾長として三年が経過しました。反復して、継続して独自化、差別化戦略を徹底して学ぶことで、お蔭様で塾生さん共々業績が向上して参りました。ドラッカーの教えを分かりやすく、厳格にご指導してくださる上級コースを是非推薦したいと思います。
 
井上 寛 様(株式会社ノースポイント 代表取締役、名古屋塾 塾長)からのメッセージ
ピーター・ドラッカーの経営戦略知識を中小企業が活用できる様に学ぶ事ができます。通常の経営セミナーと違い同じ知識を反復習得し、自分の考えを半年毎に見直す事で意思決定の良否を自ら認識できます。塾を開催するメリットとしては、自ら学びインプットした事を中小企業の経営者さんに伝える(アウトプットする)過程で、復習、準備して更に理解を深め自社の戦略、実務を改善する事ができます。今後DX化が進む市場環境に置いて中小企業間の連携を取り、生態的なニッチ市場を創り出す勉強会を主催する事は長期的な価値を得られると確信しています。
 

藤屋式ニッチ戦略塾の塾生様

ドラッカーの「人は教えるときにもっとも学ぶ」の考え方を取り入れた上級コースは、藤屋式ニッチ戦略をより広く、より深く学び実践するための経営塾です。
さまざまな業種、様々な立場の方々が在籍していますが、共通点が一つあります。
それは学び続ける姿勢です。
 
齊藤 宏之 様(株式会社 齊藤板金 代表取締役)からのメッセージ
ニッチ塾と上級コースの両方で学んでいます。上級コースではすでに塾長として教える側にいる方々をはじめ、さらに向上しようとする私から見ると皆様が塾長レベルの人たちの集まりです。ニッチ先生、塾生さんがあえて厳しいアドバイスを言ってくださる事のありがたさとともに、厳しさの中にも優しさを感じます。また通常の発表の他に講師役として教える立場で発表する場があることにも価値があります。ここでの学びは、藤屋式ニッチ戦略塾の例会よりも、確実に事業も経営者としても、今よりひとつ上のステージへとアップできる仕組みがあります。
 

藤屋式ニッチ戦略塾 上級コース3つの魅力

  1. 藤屋式ニッチ戦略のノウハウとスキルのインプットとアウトプットの方法を学べます
  2. 藤屋式ニッチ戦略×あなたの強みで、あなたオリジナルの武器を創れます
  3. 在塾中は、常にノウハウ・スキルを常にバージョンアップできます
 

ニッチ先生の25年分のノウハウを提供します

1996年に創業して2000年に、ドラッカーをベースにした「曲がりなりのコンサルティング・スキル」を確立するまでは差別化もできず、商工会議所などの公的機関に、密な訪問営業や、セミナーや講演の企画提案のような営業力だけで仕事を取っていました。

それからコンサルティング・スキルのブラッシュアップを20年近く続けて、ようやくたどり着いたのが、ドラッカーの生態的ニッチ戦略の理論を基に、中小企業のコンサルティング実務と、主宰する藤屋式ニッチ戦略塾で練り上げた「ガラパゴス化で高収益事業に転換させる 藤屋式ニッチ戦略」です。

もしあなたが、まだオリジナルのコンサルティング・スキルを確立できていないのであれば、藤屋式ニッチ戦略に基づくコンサルティング・スキル、提案力を修得できます。
また、藤屋式ニッチ戦略を社内で共有することで、戦略を理解した自立型の人材を育成することができます。
あるいは、勉強会仲間と共有することで「ドラッカーのマネジメント」という価値観を共有でき、連携・提携・アウトソーシングの道が開けてきます。
 

上級コースは成長意欲が高い経営者のコミュニティです

毎月、藤屋式ニッチ戦略の講義を聞き、それに基づいて課題シートを作成します。
翌月には、前月の振り返り講義と、作成した課題シートを使って、塾生さんが講師役と発表者役になってロールプレイングします。
講師役には、良かった点・悪かった点などをフィードバックします。 発表者役には、課題シートの内容について、質問したりアドバイスしたりします。
特に課題シートの発表は、事業戦略にかかわる内容ですので、発表者に対する質問やアドバイスは、ドラッカーのいう真摯なものにならざるをえません。
このような事業戦略に基づく深い交流が、塾生さん同士の結びつきを深め、事業の連携、商品の取引やサービスの授受につながっています。

幸いなことに、ドラッカーをベースにしているため、価値観の共有ができており、2015年11月の本コース開塾以来、塾風を乱すような人は入塾していません。
また、課題シートの提出がなければ例会に出席できない、ワンクールに2度の課題提出がなければ退塾、のルールがあるため、中途半端な人は初めから入塾してこないのです。
逆にいえば、覚悟して入塾してくる人には、ニッチ先生はもちろんのこと、他の塾生さんも敬意をもって接しています。
そのため、塾生企業さんは、すばらしい業績を上げ続けています。
 

上級コースの概要

プログラム

  • 11月19日20日 10:00~18:00:アウトプットに必要な基礎知識&理想事業を設計する
  • 12月17日13:00~17:00:強みを確認する
  • 1月21日13:00~17:00:対象にすべき顧客を特定する
  • 2月18日13:00~17:00:顧客満足の仕組みをつくる
  • 3月18日13:00~17:00:メッセージ発信の仕組みをつくる
  • 4月15日13:00~17:00:藤屋式ニッチ戦略シートを作成する
  • 5月20日21日:10:00~18:00:アウトプットに必要な基礎知識&理想事業を設計する
  • 6月17日 13:00~17:00:強みを確認する
  • 7月15日 13:00~17:00:対象にすべき顧客を特定する
  • 8月19日 13:00~17:00:顧客満足の仕組みをつくる
  • 9月16日 13:00~17:00:メッセージ発信の仕組みをつくる
  • 10月21日 13:00~17:00:藤屋式ニッチ戦略シートを作成する
  • 11月18日19日 10:00~18:00:アウトプットに必要な基礎知識&理想事業を設計する
  •  5月と11月は集合(オンラインとの併用)研修ですが、コロナ禍などでオンラインだけで実施することもあります。
  • ※ 藤屋式ニッチ戦略塾のFC塾の開塾を希望される方は、最終受講月の翌月から開塾できます。

上級コース 例会の内容

  • 前月の講義内容のロールプレイング(講師役と発表者役)
  • 今月の講義を藤屋伸二/ニッチ戦略の専門家が行う
  • 塾生の問題・課題の相談などの交流タイム
  • 5月と11月(連続2日間)は、各クールのスタート月であり、藤屋式ニッチ戦略塾の初月の講義に、ドラッカーのマネジメント、生態的ニッチ、質問力アップのための講義が加わる。
  • 藤屋式ニッチ戦略塾は6ヵ月ワンクールだが、初めて参加される方は、最後にもう一度、藤屋式ニッチ戦略を包括的に理解するために、「アウトプットに必要な基礎知識&理想事業を設計する」を受講する
この7ヵ月の受講によって、自己実現的価値・情緒的価値が満たされます。たとえば、理想の事業像が見えてモヤモヤが解消してスッキリした」「社員と戦略を共有できて嬉しい」「コンサルティングの質が変わって、クライアントへの貢献度が増した」などです。

ニッチ戦略士に認定します

ワンクール終了すると、藤屋式ニッチ戦略を修得したとみなし、【ニッチ戦略士3級】に認定します。
【ニッチ戦略士3級】に認定されると、【藤屋式ニッチ戦略塾】のFC塾を開塾できます。
ただし、FC開塾は、当コースに継続して在籍することが必須条件です。
開塾して、一定の条件を満たすと【ニッチ戦略士2級】【ニッチ戦略士1級】への昇級の制度も設けています。
それで、藤屋式ニッチ戦略に対する習熟度を測ることができます。
当コースの1クール目の塾費は一括前払いですので、1クールをやり抜く覚悟がない方は、入塾料なし、いつでも退塾できる【藤屋式ニッチ戦略塾】をお選びください。
 

塾生さんへのインタビュー

塾生さんの事業内容、上級コースの効果・役割などをお話して頂きました。
ここをクリックしてご確認ください。
 

料金等

1クール(7ヵ月、9日間、11月と5月は2日間)500,000円(税込550,000円、一括前払い) 1クールを体験して頂いた後に、継続して学ぶかどうかを決めて頂きます。継続の場合、入塾料(500,000円、税込550,000円、一括前払い)、月額塾費50,000円(税込55,000円)となります。

藤屋式ニッチ戦略塾がどのような塾かをご確認のうえ、ぜひ、お申し込みください。
事業の将来が開けてきます。
2019/09/21
藤屋式ニッチ戦略塾 上級コース お申し込みフォーム
藤屋式ニッチ戦略塾 上級コースへのお申し込みは、下記フォームより送信ください。
お名前*
ふりがな*
会社名*
役職名
郵便番号*
都道府県*
所在地*
電話番号
携帯電話番号*
メールアドレス*
受講生規約*
受講生規約を確認しました

▶︎受講生規約はこちら