ブログ

HOME» ブログ »コロナ禍に対応する戦略と経営計画オンラインセミナー

ブログ

コロナ禍に対応する戦略と経営計画オンラインセミナー

事業戦略と計画オンラインセミナー

 

企業の現実

コロナ禍は、私たちが経験をしたことがない未知の経営環境ですから、予測をしても仕方ありません。
それでも対応しなければならないのが企業経営です。
そこで、2つのシナリオを考えます。
  • 数か月で収束する場合はどうするか?
  • 1年以上かかる場合はどうするか?

これに基づき、戦略と経営計画をシミュレーションしてみましょう。
今回のような事態への対応は、待ったなしに行わなければなりません。
リスクを負おうとしないリスクがもっとも大きいからです。
 

すでに起こった未来の状況

  • コロナ禍がいつまで続くか見通せない
  • 仮に数か月で落ち着いても経済・市場・経営に後遺症は深く残る
  • 資金繰りに苦しむ企業がなりふり構わない値引き・条件改悪に走る
  • それらの企業に追随すると、経営状況が悪化するだけである
 

競争環境から抜け出すために

  • 一般論から距離を置くこと。マスコミ報道、SNSの情報も鵜呑みにしない
  • 資金を中心に自社の状況を冷静に分析する
  • 経営が悪化した他社が、どのような行動に出るかを考える
  • そのうえで、自社の市場・自社の顧客ではなく、「そもそも」から市場・顧客を俯瞰(ふかん)する
  • 自社の強みを再確認する
  • 市場が冷え込んだ時こそ、対象市場・対象顧客を絞り込んで、他社が非常識と考えるような戦略を設計する
  • そのためにも、現在にとらわれず、市場・顧客、商品と提供方法、流通チャネルを見直す、など

このような観点から、戦略と経営計画を見直すと、方向性が見えてきます。
本オンラインセミナーでは、ドラッカー理論をベースに、この状況における良い戦略・悪い戦略、良い経営計画・悪い経営計画を明らかにして、勝ち残るための方向性を見出して頂きます。
 

良い戦略・良い計画 作成オンラインセミナー

詳細とお申込みはここをクリック
2020/04/15

ブログ

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

お客様の声

その他