ブログ

HOME» ブログ »すべての企業には強みが必要である

ブログ

すべての企業には強みが必要である

すべての企業には強みが必要である


 

強みが事業である

ドラッカーは「強みが事業である」と言っていました。
場や顧客から見れば、選択肢がある中から商品やサービスを選ぶわけですから当然の話です。
ころが、強みは日常業務のなかに織り込まれており、あまりに当たり前すぎて気づかないことのほうが多くなっています。

独自化、少なくとも差別化するためには、意識して強みを強化し、有効活用することが不可欠です。 このような理由から、真の強みは何かを分析・把握してください。

強みに気づく3つの方法

◆1つ目は、過去の分析です。
うまくいったことと、うまくいかなかったことを分析すると、強みを活かせる分野では成功、活かせない分野では失敗に大別できるでしょう。

◆2つ目は、他社との比較です。
他社ができないこと、やりたがらないことができるのが貴社の強みです。
当然、優良顧客満足と利益に結びついている必要があります。

◆3つ目は、優良顧客の評価です。
貴社の望む条件で買ってくれる顧客の評価こそ、強みに基いた商品・サービス・提供方法です。
これらから、自社の強みを特定し、より強化し、最大限に活用してください。
そのためには、顧客の入れ替えが必要になるかもしれません。

◆真の強みに気づきたいなら 藤屋式ニッチ戦略塾
 詳細と無料体験お申し込みはここをクリックしてください。

■見逃した記事がある方は、ここをクリックしてください。
 
2021/09/17

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他