ブログ

HOME» ブログ »やりたいこと と 貢献できること

ブログ

やりたいこと と 貢献できること

やりたいことと貢献できること



「好きこそものの上手なれ」という諺があるように、好きなことを、得意なこと・上手なことと同一視しがちです。
だから、「経営や仕事も好きなことを一生懸命にやればよい」と言う人がいますが、ドラッカーは違います。

たとえば、ノーベル物理学者のアインシュタインは、バイオリンが大好きでした。熱心に練習をしていましたが、まったく上達しませんでした。
彼は、「バイオリンがうまくなれるなら、ノーベル賞はいらない」と言っていたそうです。
つまり、必ずしも「好きなこと=上手なこと」ではないということです。

また、「やりたいこと」と「貢献できること」も別です。
なぜならば、上手にできても、それを求める顧客がいなければ企業は存在価値がない(貢献できない)からです。

やりたいことは趣味でやってください。
ビジネスはお金をもらって顧客に価値を提供するものですから、「貢献すること」が大前提になります。

蛇足ながら、ビジネスだけでなくボランティア活動も、やりたいことではなく、貢献できることでなければ、足手まといになるだけです。

動画(4分33秒)では、もう少し詳しく解説しています。


◆貢献する仕組みづくりなら 藤屋式ニッチ戦略塾
詳細と無料体験のお申し込みはここをクリックしてください。
2022/01/12

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他