ブログ

HOME» ブログ »ニッチ戦略 商品・サービス・提供方法の特徴は価値である

ブログ

ニッチ戦略 商品・サービス・提供方法の特徴は価値である

商品・サービス・提供方法の特徴

 

特徴は価値だと考える

多くの小さな会社は、適性価格を設定できていません。
その理由もきわめて単純です。特徴を価値だと考えていないからです。
ですから特徴を利益に変えることができないのです。

特徴を打ち出すには、他社より上手にできるという「強み」が必要になります。
強みをつくり、維持し、さらに高めるには努力を要します。
努力には手間や時間というコストがかかります。
しかし、ほとんどの中小企業の経営者は、努力をコストと考えていません。
ドラッカーにおもしろい事例があります。
ある会社で機械が故障したので修理を依頼した。修理に来た人は、あちこち見てまわり、金づちで一度叩いて直した。
請求書を見た人は「金づちで一度叩いただけで修理したのに100ドルも請求するなんて。明細書出せ」と怒った。
送られてきた請求書の明細は、「修理個所を発見する費用95ドル、金づちで叩く費用5ドル」となっていた。
優れた技術者や職人ほど、難しい仕事をいとも簡単にやってのけます。
しかし、そのレベルにいたるには、才能と人一倍の努力(コスト)を要したはずです。
その仕事が他社にできないようなもの、あるいは、他社がやりたがらないようなものであれば、それは十分価値ある仕事です。
それに見合った価格を設定するのは当たり前の話です。
 

他人と過去は変えられないが自分と未来は変えられる

お客様から「価格を上げてください」と申し出ることはほとんどありません。
また、過去の低かった粗利益率をアップさせることはできません。
しかし、あなたの意志で、今後の粗利益率をアップさせることは可能ですし、適性な粗利益率まで上げなければなりません。
経営環境の変化に備えなければならないし、いつ来るか分からない災害にも備えなければなりません。
会社を維持するためには投資も必要になります

何よりも社員に十分な給料を支払わなければ、優秀な人材に入社してもらうことも、あなたの会社で頑張ってもらうこともできません。
そして、あなたご自身も、家族のために十分な報酬が必要なはずです。
 

ただし、報われる努力をすること

努力は報われると言われています。
しかし、これは子どものモチベーションを上げるための方便です。
正しくは、報われる努力をすれば報われる可能性が出てくる。
あるいは、報われるまで努力する、です。

お客様は、「あなたの会社がどのような満足を提供してくれるか」「貢献してくれるか」しか関心がありません。
それがビジネスの現実です。
したがって、発想の起点と基点を市場やお客様にしなければなりません。
それがマーケティング思考というものです。
市場やお客様を特定し、自社の強みを活かせる商品・サービス・提供方法を設計していくことが、努力が報われる唯一の方法なのです。
 

藤屋ニッチ戦略研究所 セミナー一覧

ここをクリック
2020/04/29

ブログ

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

お客様の声

その他