ブログ

HOME» ブログ »ニッチ戦略 リ・ポジショニング:新用途を開発する

ブログ

ニッチ戦略 リ・ポジショニング:新用途を開発する

用途開発
 

新用途開発にはブレークスルーが必要だ

コモディティ商品を差別化する方法の7番目は、「新用途を開発する」です。

計算機だったソロバンを脳トレの考具として販売するのは新用途の開発です。

また、刻み海苔のための5連刃のはさみを開発したら、お客様が勝手に、機密性が高い紙を裁断することに使い始めました。
その用途に気づいた製造元は、事務用品の「はさみシュレッダー」としても売り出し、売上を飛躍させました。

前者は、衰退産業の生き残り策として有効です。
後者は、予期せぬ成功を事業化した好例です。

意図的にしろ、偶然にしろ、新用途を開発することで、リ・ポジショニングすることができます。
ただし、リ・ポジショニングするためには、既成概念の壁を打ち破る必要があります。

これらを事例に、あなたも新用途の開発にチャレンジしてみてください。

増収増益の仕組みをつくる【藤屋式ニッチ戦略塾】はここをクリックしてください。
無料体験できます。


直近のYouTube動画はこちらです。
2022/09/09

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

映像教材

著書一覧

 

セミナー

ニッチトップ戦略塾

コンサルティング

映像教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他