ブログ

HOME» ブログ »連携で販売促進に挑む

ブログ

連携で販売促進に挑む

連携で販売促進に挑む


 弱みを強化するより、強みをさらに強化して、弱みの部分は連携で補うほうが効率的です。
強みを出し合うほうが商品や提供方法のレベルが上がるからです。

また、100の売上げを独占するよりも、300の売上げをシェアするほうが生産性が良くなります。
それは、得意なことは早く高品質に、苦手なことは遅く低品質になるからです。
さらに、強みに専念することで心理的負担も軽減します。

ただし、連携は戦略的に考える必要があります。

動画では、音楽業界の戦略的な事例を紹介しています。

◆強みを活かす方法を学ぶなら 藤屋式ニッチ戦略塾
 詳細と無料体験お申し込みはここをクリックしてください。

◆藤屋式ニッチ戦略塾の塾生さんの声はここをクリックしてください。
2021/08/09

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他