ブログ

HOME» ブログ »ドラッカーの生態的ニッチ戦略 003 中小企業の経営の基本と原則 その3

ブログ

ドラッカーの生態的ニッチ戦略 003 中小企業の経営の基本と原則 その3

ドラッカーの生態的ニッチ戦略 003 売上げ優先か利益優先か
 

売上げ優先か、利益優先か

売上げがなければ利益もありません。
したがって、まずは、売上げをつくることを優先すべきだという考え方があります。
たとえ利益が出なくても、売上げをつくり、それから利益を確保するというものです。
一方、利益がない売上げはあるが、売上げがない利益はない。
だから、最初から利益を確保できる売上げをつくるべきだ、という考え方もあります。
藤屋は、こちらの意見に賛成です。
ドラッカーの『未来企業』に次のような事例があります。

韓国の自動車メーカーである現代自動車のエクセルが、1987年から88年にかけてのアメリカ市場で、自動車史上、例がないほど販売台数を伸ばしました。
しかし、その2年後には、アメリカ市場からほとんど姿を消しました。

その理由は、車そのものには何の問題もなかったのですが、売上げを優先したために販売価格を安くしすぎたからです。
車販売から利益が出ないため、販売促進、サービス、ディーラー網の整備、車の改善などに投資することができませんでした。

現代自動車は、100年以上も前のヘンリー・フォードの言葉、「T型フォードが素晴らしい利益を上げたから、T型フォードをこのように安い価格で売ることができる」という「安売りの原則」を守らなかったのです。
ちなみに、T型フォードは、たった1車種で、当時のアメリカの自動車市場で60%のシェアを持っていました。

このような理由から、あなたの会社でも、「ローコスト経営ができているから、安売りができる」という鉄則(利益優先)を守ってください。
ビジネスの基本は、利益優先です。

=その4に続く=
*図表と中小企業の事例は著書に記載します。

中小企業の売上高と利益率アップは、下記のセミナー・教材で!

高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する

【藤屋式新規事業創出塾】6ヵ月コース

高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する方法がわかる

【藤屋式新規事業創出セミナー】半日セミナー

既存事業の高収益化と既存商品を高付加価値化する

【藤屋式ニッチ戦略塾】6ヵ月コース(通塾コース)

【藤屋式ニッチ戦略塾】6ヵ月コース(映像コース)

社長力をアップする

【経営の基本をマスターする教材】(全24ヵ月)
 
2020/01/10

ブログ

藤屋式ニッチ戦略塾
総合バナー
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式新規事業創出塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様