ブログ

HOME» ブログ »ニッチ戦略 コモディティ商品を差別化する方法

ブログ

ニッチ戦略 コモディティ商品を差別化する方法

コモディティ商品を差別化する
 

既存商品をリ・ポジショニングする

たとえば、日用品やガソリンなどのように、一般化して差別化がむずかしく、価格以外で違いを打ち出すことができなくなってしまった商品のことを「コモディティ商品」と言います。

ところが差別化が不可能と思われるようなコモディティ化した商品でも、イメージや用途を変えることで、独自化や差別化した売れ筋商品に転換できることができます。

その方法とは、市場での位置づけ(ポジション)を変える(リ・ポジショニングする)ことです。
その方法は9つあります。
これらを組み合わせると、類似商品の中に埋没している商品や、陳腐化している商品がよみがえります。
 

リ・ポジショニング その1:専門特化する

「専門」という言葉には、知識があるとか、スキルが高いというイメージがあります。そこで、思い切りニーズを絞り込んで「〇〇専門」と打ち出せば、特徴が出てきます。

たとえば、「餃子専門店」にすると、中華料理店の餃子よりもおいしいのではないかと思ってしまいます。
また、ラーメン店では、「激辛専門」と打ち出せば、辛い味が好きな人にとって、一度は入ってみたいお店になります。
他にも、マッサージ店の看板に「ガチガチ専門」とあれば、肩こりがひどい人には魅力的に感じます。
これが専門効果です。

増収増益の仕組みをつくる【藤屋式ニッチ戦略塾】はここをクリックしてください。
無料体験できます。


直近のYouTube動画はこちらです。
2022/09/01

ブログ

 

メルマガ登録

映像教材

著書一覧

 

セミナー

ニッチトップ戦略塾

コンサルティング

教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他