ブログ

HOME» ブログ »ニッチ先生の見聞思 イノベーションの敵

ブログ

ニッチ先生の見聞思 イノベーションの敵

イノベーションの敵
 

イノベーションを阻害する好業績と成功体験

形あるものは崩れ、既存のものは古くなります。
これは、企業経営も例外ではありません。
事業や商品にはライフサイクルがあります。
どのように伸びている事業や商品でも、やがて成熟期を迎え、ついには衰退期に入り、市場から消えていきます。
こうしたことは、700年以上も前に作られた平家物語の冒頭に「盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」の表記があるように、極々、当たり前のことなのです。
しかし、直近で利益があがっていたり、過去にすごい成功体験があったりすると、「盛者必衰の理」のことなど忘れてしまい、イノベーションが置き去りにされてしまいます。

イノベーションは後継者問題と同じで、「俺の目の黒いうちは代わらない」ではなく、「俺の目の黒いうちに代わる」ことが重要です。
目が白くなってから後継者のバックアップをすることはできないからです。

企業のイノベーションも、既存事業や商品が売れているときや、内部留保があるときでなければ、本格的に取り組むことはできません。
と言うのも、新規事業、商品開発、市場開拓は、順調に進むことんど、ほとんどないからです。
 

直近の好業績と成功体験の役割

現在のように、IT化・AI化・グローバル化・コロナ禍で、変化のスピードが速く、かつ、質的な変化が起こっている経営環境下では、成功体験はあまり役に立ちません。
役に立つどころか、マイナスに作用するほうが多いくらいです。

ですから、直近の好業績はイノベーションの原資、成功体験はイノベーションに取り組む自信の裏付けとしてとらえましょう。
それが激変する経営環境に適応し、粗利益率をアップするとともに、売上げも伸ばしつづける秘訣です。

【藤屋式ニッチ戦略塾】は、
  1. 戦略思考、マーケティング思考、イノベーション思考に徹した講義
  2. 固定概念を打ち砕く質問
  3. 業界からみれば非常識なアドバイス
  4. 自社に置き換える課題シート
  5. 前向きな経営者とのグループワーク
  6. これらを毎月繰り返す実践的で継続な経営塾
です。
激変する経営環境のなかでも、粗利益率アップを図りたいとお考えであれば、ぜひ、ご入塾ください。
経営体質が変わります。

通塾コースとオンラインコースは無料体験できます!

通塾コースの無料体験はここをクリックしてください。

オンラインコースの無料体験はここをクリックしてください。

【塾生さんの声】はここをクリックしてください。


#藤屋伸二 #ドラッカー #ニッチ戦略セミナー #経営戦略セミナー #事業戦略セミナー #美容室経営セミナー #アフターコロナ
2020/08/25

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

お客様の声

その他