ブログ

HOME» ブログ »せつないビジネスモデル

ブログ

せつないビジネスモデル

せつないビジネスモデル
 

働けど 働けど なお わが経営 楽にならざり

若くして亡くなった短歌の天才 石川啄木の作品に、
はたらけど はたらけど 猶 わが生活(くらし) 楽にならざり ぢっと手を見る
詩集『一握の砂』より
があります。
残念ながら、これを実感している中小企業の社長さんも多いようです。
朝から晩まで、休日もなく働いているのに利益が出ない。それどころか、借入金で資金を回している。
なぜ、そのような状況に陥っているのでしょうか?
 

Poor(プア)なビジネスモデル

Poorは、普通は「貧しい」と訳されていますが、「貧弱な」という意味があります。
働いても、働いても、利益が出ない経営は、せつない(泣きたくなるほど悲しい)ビジネスモデルであり、貧弱なビジネスモデルとも言えます。
 

Rich(リッチ)なビジネスモデル

これとは逆に、取り立てて忙しそうでもないのに、しっかり儲かっている中小企業の社長さんもいます。
これはRichなビジネスモデルのおかげでしょう。Richには「金持ちの」「裕福な」「豊かな」という意味がありますが、藤屋は、それに「儲かる」も付け加えています。
決して暇ではないのですが、「バタバタして貧乏」(バタ貧)ではありません。
なぜ、このような状態が創り出せるのでしょうか?
 

PoorとRichな決定的な違い

儲かる(rich)ビジネスモデルには、さまざまなものがありますが、せつない(poor)ビジネスモデルには共通点があります。
それは、
  • 競争環境から抜け出せていない
  • 価値を価格に転換できていない
の2つです。

この2つが、せつない(poor)ビジネスモデルと、儲かる(rich)ビジネスモデルとの決定的な違いです。
ところで、「競争環境から抜け出せていないから、価値を価格に転換できないのではないか」、と思うかもしれませんが、競争のないニッチな商品を取り扱いながら、利益を出せていない場合もあるのです。
 

貧弱から儲かるへ

「貧弱なビジネスモデル」から「儲かるビジネスモデル」への転換は、
  • ニッチな市場に絞り込んでペルソナを設定し、そのペルソナが満足するビジネスモデルに変更する
  • すでにニッチな市場で競争がないのであれば、勇気を持って値上げする。値上げができないのであれば、そのノウハウや商品をコンテンツ化して販売する
この2つを実行するだけです。

藤屋式ニッチ戦略塾には、ペルソナを設定して業績を伸ばしだした塾生さんが複数います。
既存客は価格を据え置いて、新規客から値上げして業績を伸ばしている塾生さんも複数います。
  • あなたはどちらかの方法、あるいは、両方を取り入れてrichなビジネスモデルに転換しますか?
  • それともpoorなビジネスモデルに留まりますか?
 

藤屋式ニッチ戦略塾のご案内

詳細とお申し込みはここをクリック


#ニッチ戦略セミナー #経営戦略セミナー #ドラッカーセミナー #事業戦略セミナー #美容室経営セミナー #アフターコロナ
2020/07/01

ブログ

 

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

お客様の声

その他