ブログ

HOME» ブログ »ドラッカーの言葉 23 事業の前提における誤り

ブログ

ドラッカーの言葉 23 事業の前提における誤り

【ドラッカーの言葉】事業の前提における誤り
(IBMとGM)現実が変化したにもかかわらず、事業の定義を変えられなかった。
【チェンジ・リーダーの条件】(p.51)

業績が好調な成長企業の業績が低迷しだすと、その原因として「大企業病になってきた」とマスコミに叩かれることがあります。
たしかに内向き志向になって変化を嫌がるようになる企業が多いことも事実です。
しかし、なかには勤勉に対応し、懸命に業績低迷から脱却しようと努力している企業もあります。
それにもかかわらず、業績は回復しないのは、それまで事業の前提にしていたものが変わってしまっているからです。
ニーズや市場構造が変わってしまったといったほうがわかりやすいかもしれませんね。
ですから、どんなに頑張っても業績があがらないときは、変化した市場ニーズに対応するための、新しい事業の定義をつくってください。

【ドラッカー100の言葉】(藤屋伸二著、宝島社)より一部加筆修正

今回のような思考法は、下記のビジネス教材で習得できます

\ 経営の基本をマスターする教材 /
  • 内 容:深く広く考えるために経営知識を体系的に習得する
  • 対象者:経営基盤を強化したい中小企業の経営者
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
2019/09/20

ブログ

藤屋式ニッチ戦略塾
総合バナー
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式新規事業創出塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様