ブログ

HOME» ブログ »新規事業のアイデア

ブログ

新規事業のアイデア

イノベーションのアイデア

 

「バカな!」と「なるほど!」

先日、日本経済新聞に面白い記事が出ていました。
「民泊」という新しい事業を創り出したAirbnb(エアビーアンドビー社)のCEOブライアン・チェスキーさんの話です。
いまや、世界で600万を超える宿泊施設を持つ同社が、事業化するときのエピソードです。

彼が試しに始めた民泊を事業化するために動き出しました。
しかし、民泊は「アイデア事業」だったため、資金集めのために情報を公開すると、マネされるのではないかと考えました。
そして、ある人に「僕のアイデアを盗まれないか心配だ」と相談したら、その人から、「心配するな。誰も相手にしない」と言われたそうです。
この、「心配するな。誰も相手にしない」は、イノベーションのアイデアに対する最高の褒め言葉だと思います。
このようなアイデアの創出は、参入障壁(マネ防止策)の、

(1)相対的に市場規模が小さい
(2)業界の異常識・非常識
(3)めんどうくさい
(4)儲かりそうにない
の『業界の異常識・非常識』に該当します。

また、成功したイノベーションへの最高の褒め言葉が、ドラッカーの言うなぜ、気づかなかったのだろう!です。

「心配するな。誰も相手にしない」と「なぜ、気づかなかったのだろう!」は、言い換えると事前の評価は「バカな!」、成功してからの評価は「なるほど!」になります。

イノベーションとも言えるブルーオーシャンの新規事業のチャンスは、あなたの身近にたくさんあります。
気づいていないだけです。あるいは、気づこうとしていないだけです。
ぜひ、不便・不満を感じていること、あきらめている身の回りのモノやコトに、「???」の目を向けてみてください。

このような新規事業を立ち上げるためのセミナーはこちらです

◆高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する
【藤屋式新規事業創出塾】6ヵ月コース

◆高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する方法がわかる
【藤屋式新規事業創出セミナー】半日セミナー
2019/12/16

ブログ

メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様