ブログ

HOME» ブログ »マーケティングの目的は販売をなくすこと

ブログ

マーケティングの目的は販売をなくすこと

マーケティングの目的
 

売れる仕組みをつくる

マーケティングの目的は、「売れる仕組みをつくること」です。
そして、セールス(販売)は「売る仕組みをつくること」です。

前者は買いたくなる仕組みをつくることであり、後者は頑張って売ることです。

ドラッカーは、「マーケティングの目的は、販売をなくすこと。しかし、完璧なマーケティングなどできないので、現実問題として、セールスがなくなることはない」と言っています。

したがって、まずは、完璧なマーケティングを目指して、「売れる仕組み」をつくることに集中しなければなりません。
つまり、対象とするお客様が欲しいものを、望む方法で買えるような仕組みをつくることです。

マーケティングの目的は、「売れる仕組みをつくること」からわかるように、販売だけに関する手法ではありません。
市場ニーズの把握、自社の強みの認識、対象とするお客様の決定、提供する価値の決定、商品・サービス・提供方法の決定と仕組みづくり、メッセージ発信の仕組みづくり、すべてに関わる考え方であり、手法です。

増収増益の仕組みをつくる【藤屋式ニッチ戦略塾】はここをクリックしてください。
無料体験できます。


直近のYouTube動画はこちらです。
2022/09/14

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

映像教材

著書一覧

 

セミナー

ニッチトップ戦略塾

コンサルティング

映像教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他