ブログ

HOME» ブログ »深刻ではなく真剣に考える

ブログ

深刻ではなく真剣に考える

深刻ではなく真剣に考える

 

ニッチ先生は困ったことがない!

主催している藤屋式ニッチ戦略塾のある塾生さんから、「先生は困ったことがないでしょう!」と言われました。
よくよく考えると、創業して以来、困ったことがないことに気づきました。
サラリーマン時代は、困ったことのオンパレードでした。
とくに、人間関係では、上司・同僚・部下は、価値観が合わない人たちばかりでしたので、困りっぱなしでした。

もちろん、創業以来、7年目~8年目にかけて、業績が6年目の46%にまで落ち込んだときには慌てました。
廃業しなければならないのではないかと恐怖心も湧きました。
それでも、「困った!」とは思いませんでした。
考えたのは、「さて、どうするか?」でした。
 

考え続けると道は開ける

どのような事業でも、20数年もやっていると、業績の浮沈は必ずあります。
そのとき、「困った!」と思った瞬間に、思考が停止してしまいます。
ですから、困ったと思わずに、対策を考えるようにしています。
いつも、塾生さんにも言っているように、状況を分類し、それぞれの項目を分解して、原因を究明して、それぞれに対策を立て、ヒト・モノ・カネ・時間を制約条件として、優先順位を決めて実行に移します。
あとは、愚直に実行し、行動の結果をチェックして、次の行動の参考にします。

僕の性格でもありますが、どのような状況でも、あまり深刻になることはありません。
しかし、状況に応じて、かなり真剣に考えます。
そうすると、けっこういいアイデア(解決策)が浮かぶのです。
あなたも、ぜひ、試してみてください。
アフターコロナの事業戦略も同じです。
 

アフターコロナの事業戦略 オンラインセミナー

詳細とお申し込みはここをクリック


#ニッチ戦略セミナー #経営戦略セミナー #ドラッカーセミナー #事業戦略セミナー #美容室経営セミナー #withコロナ #アフターコロナ
2020/06/07

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

お客様の声

その他