ブログ

HOME» ブログ »藤屋伸二の見聞思 成功の反対語は?

ブログ

藤屋伸二の見聞思 成功の反対語は?

成功の反対語はチャレンジしない

「成功の反対語は?」と聞かれると、多くの人は「失敗」と答えるでしょう。
しかし、成功者の中には、「成功の反対語は、チャレンジしないこと」と考えている人がいます。
パナソニックの創業者である松下幸之助さんも、
「失敗したところでやめるから失敗になる。成功するまで続けたら、それは成功になる」
と言っています。
ということは、成功の反対語は「チャレンジしない」あるいは「努力しない」「あきらめ」となるのでしょう。
つまり、失敗は成功のプロセスの1つなのです。

チャンスは自らつくるもの

それでは、「イノベーションの反対語は?」と聞かれたら何と答えますか?
辞書的な回答では「保守」「固執」「既得権意識」「退化」などでしょうか?
では、「成功の反対語」と同じように答えるとどうなるのでしょうか?
まさか「今の我が社」や「今の私」とは答えないでしょうね?
皆さんの中には、イノベーションができていないのは「お金が・・」「社員が・・」「上設備が・・」「時間が・・」と考えている人がいるかもしれませんね。
しかし、「条件がそろったら」なんて考えていては、いつまでたってもイノベーションなんて起こせません。
条件は待つものではなく、みずから整えるものです。
ドラッカーは、「チャンスはやってくるものではなく、みずからつくるもの。探しだすもの」と言っています。
あれこれチャレンジしているうちに、おもしろそうな形が整ってくると、あちこちから協力の手を差し伸べてもらえます。
それがイノベーションの成功の鍵になります。

今回のような思考法は、下記のビジネス教材で習得できます

\ 経営の基本をマスターする教材 /
  • 内 容:深く広く考えるために経営知識を体系的に習得する
  • 対象者:経営基盤を強化したい中小企業の経営者
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
2019/09/20

ブログ

藤屋式ニッチ戦略塾
総合バナー
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式新規事業創出塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様