ブログ

HOME» ブログ »ドラッカー 4 事業分析の始めに問うべきことは?

ブログ

ドラッカー 4 事業分析の始めに問うべきことは?

事業の根本への問い

正しい答えではなく、正しい問いが必要である。
【創造する経営者】(p.19)

たとえば、商品やサービスを買うかどうかの決定権は顧客が持っています。
また、独占企業でもないかぎり、必ず競争相手はいるものです。
ですから、事業を分析するときには、現状から分析するのではなく、「そもそも顧客は?」という根本的なことから考えなければなりません。
そのためには、すぐに正しい答えを得ようとするのではなく、「当社の顧客は誰か?」「顧客はどこにいるか?」「誰が購入の決定に影響を与えるか?」といった、正しい質問から入らなければなりません。
間違っていることを正しくしても意味がありません。
したがって、「正しいことは何か?」を知る質問から事業分析はスタートすることです。

【ドラッカー100の言葉】(藤屋伸二著、宝島社)より一部加筆修正

この内容のような経営の本質は、下記のビジネス教材で学べます

\ 中小企業経営の基本と原則が見て・聴いて・質問してわかる教材 /
  • 内 容:中小企業経営の基本をマスターする
  • 対象者:経営を体系的に学び直したい中小企業の社長・後継者の方
  • 費 用:4,980円(税別)と5,980円(税別)
  • 提供方法:ステップメルマガ形式で月4回、1回20分前後の映像と文章を配信
2019/09/20

ブログ

藤屋式ニッチ戦略塾
総合バナー
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式新規事業創出塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様