ブログ

HOME» ブログ »適者生存から適所生存へ

ブログ

適者生存から適所生存へ

適者生存から適所生存へ

生態的ニッチを事業戦略に取り入れたことから、生態的ニッチの基になっている『種の起源』(チャールズ・ダーウィン著)を読んでみました。

意思を持たない動植物が、どうして環境に適応できるのか、それが不思議でした。
今回の読書で、その答えを得ることができました。


■ 突然変異

生物は、一定の割合で、親とは違うモノに必ず変異します。
変異には、大きなものや小さなものがあります。

また、変異のなかには、環境に適合するために優位に作用するものと、劣後に作用するものがあります。
優位に作用した場合、他の同種類よりも繁殖力が強くなります。


■ 淘汰

変異が優位に作用したものが繁殖し、他のものは淘汰されていきます。
あるいは、優位に繁殖するものとは違う場所で生存する道を選びます。
そうしなかったものは淘汰されていきます。

たとえば、人気者のパンダは氷河期を生き抜いた種です。
捕食者から逃れるために平地から高地へ移動しました。
高地には捕食される動物がいませんが、捕食する動物もいません。
そのため、肉食から竹食へ変更しました。
竹は氷河期でも枯れなかったからです。

ただし、竹は栄養分が少ないため、パンダは、動きを最小限にしてエネルギーの消費を抑える生活態度に変えていきました。
これが変化への適応です。
つまり、強いからではなく、適応したから生き抜いたのです。


■ 遺伝

変異には一代で終わるものと、遺伝するものがあります。優位に変異した変異が遺伝した場合、その種が繁殖して、周りの同種を淘汰に追い込みます。
これが、100世代、1,000世代、10,000世代、・・・と繰り返されていくなかで、環境にもっとも適者したものだけが生き残っていきます。これが【適者生存】です。

■ 人間だけが意識的に変異できる

動植物は、環境に適応したものだけが生き残っていきます。
その適応する場所・空間が生態的ニッチ(適所)というわけです。

適所は、生存可能な条件であることを前提に、「棲み分け」と「食い分け」で確保することができます。

これを経営に置き換えると、「棲み分け」は、市場のセグメンテーションと市場でのポジショニング、ペルソナの設定で実現できます。

もう1つの「食い分け」は、提供価値、商品の最適化、提供方法の最適化で実現できます。

しかも、人間だけは、道具を使って、自らの【適所】を創造することができます。
つまり、商品やサービス、提供方法、情報発信によって、自社に適性な市場(適所:棲み分け・食い分けできるところ)をつくり出せるのです。

これが、【ドラッカーの生態的ニッチ戦略】から進化させた【藤屋式ニッチ戦略】の根幹にある考え方です。

=続く=

「棲み分け」と「食い分け」の経営は、下記のセミナーで習得することができます。


高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する方法がわかる
【藤屋式新規事業創出セミナー】半日セミナー

高収益の新規事業の創出や高付加価値の新商品を開発する
【藤屋式新規事業創出塾】6ヵ月コース
 
2019/11/25

ブログ

藤屋式ニッチ戦略塾
総合バナー
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
ワークシートダウンロード

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

藤屋式新規事業創出塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様