ブログ

HOME» ブログ »新商品は情緒的価値を売ること

ブログ

新商品は情緒的価値を売ること

新商品は情緒的価値を売ること


 

機能は使ってみるまで分からない

買ったことがない商品、類似品がない商品は、使ってみるまで本当の価値はわかりません。
そのため、いくら機能を説明しても心は動きません。

それよりも、その新商品を使って得られる満足感(感情:期待、安心、信頼など)を訴求したほうが効果があります。

動画は、幕末が舞台の手塚治虫原作のマンガ「陽だまりの樹(き)」で、 上方の医師、緒方洪庵が天然痘を予防する「種痘」の普及に関する考え方を紹介しています。

◆ドラッカーのマーケティングを学ぶなら 藤屋式ニッチ戦略塾
 詳細と無料体験お申し込みはここをクリックしてください。
 
2021/09/02

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

経営の基本をマスターする教材

著書一覧

 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

コンサルティング

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他