ブログ

HOME» ブログ »ドラッカーの生態的ニッチ戦略 020 非競争にするキーワード その3

ブログ

ドラッカーの生態的ニッチ戦略 020 非競争にするキーワード その3

ビジネスモデルを変える

「誰に」「何を」「どのように」を変える

現状で打つ手がなくなったときは、ビジネスモデルそのものを変えてしまいましょう。

非競争の市場を確立したドラッカーの事例

ビジネスモデルそのものを変えてしまうことについては、ドラッカーの事例が最適です。

自動車が普及し出した頃、フォード社はT型フォード1車種で市場の60%を占めていました。
それに対してゼネラルモーターズ(GM社)は、8車種を有していたにもかかわらず市場シェアは12%にすぎませんでした。

その頃、同社の再建を託されたアルフレッド・スローンは、市場の変化に気づきました。
国民の所得が増えていくなかで、自動車市場は黒1色で低価格のT型フォードだけでは満足できなくなっていたのです。

市場ニーズの変化に気づいたスローンは、「自動車業界における理想企業とは、どのような会社か」を考えました。
そして、自社の車種構成を一新し、8車種を5車種(3車種は廃棄)にして、「クラス別(価格帯別)の商品構成(ラインナップ)」に変えました。
このようにして、現在のトヨタ自動車のような大衆車から高級車までの商品ラインナップを創り上げたのです。
その際、5車種のうち、2車種はそのまま、1車種はフルモデルチェンジ、2車種は名前だけ残して別のコンセプトの車に変えました。

この新しいコンセプトに基づいた商品構成は、イノベーションそのものでした。
それからすぐにフォード社と市場シェアが逆転し、このビジネスモデルは70年間続きました。

=続く=

*図表と中小企業の事例は著書に記載します。

中小企業の売上高アップと利益の適正化は、下記のセミナー・教材で!

既存事業をニッチトップの適性利益の事業に転換する

【藤屋式ニッチ戦略塾】6ヵ月コース(通塾コース)

【藤屋式ニッチ戦略塾】6ヵ月コース(映像コース)

強みを活かしてニッチトップの新規事業を立ち上げる

【藤屋式新規事業創出塾】6ヵ月コース

強みを活かしてニッチトップの新規事業を立ち上げる方法がわかる

【藤屋式新規事業創出セミナー】半日セミナー

社長力をアップする

【経営の基本をマスターする教材】(全24ヵ月)
 
2020/02/12

ブログ

 

藤屋式ニッチ戦略コンサルティング
美容業専門
美容業専門
メールマガジン登録
経営の基本をマスターする教材
著書一覧
 

セミナー

藤屋式ニッチ戦略塾

経営の基本をマスターする教材

会社案内

関連書籍

ニッチ戦略士養成講座

ワークシートダウンロード

お客様の声

セミナー受講者様

コンサルティング