ブログ

HOME» ブログ »現在の粗利益率で満足していますか?

ブログ

現在の粗利益率で満足していますか?

現在の粗利益率で満足していますか?
 

提供価値に見合った 価格設定できていますか?

磨いた技術や職人技、企画力で他社よりも優れた機能・品質の商品や提供方法なのに、他社並みの価格に抑え込まれていることはありませんか?
その状況から抜け出してモヤモヤ気分を晴らしませんか?
 

藤屋式ニッチ戦略で粗利益率20%アップが可能!

ドラッカーのニッチ戦略と、コトラーのマーケティングを取り入れた「藤屋式ニッチ戦略」で、特定顧客の満たされてないニーズを見つけて対応すれば、粗利益率20%アップが実現できます。
 

粗利益率が20%もアップできる理由

粗利益率が20%もアップと聞けば、誇大表現に思えるかもしれませんね。
しかし、次の各項目を組み合わせれば、「粗利益率20%アップ」が誇大表現でないことが分かって頂けるでしょう。
  • 「競争以上」から「非競争市場(ニッチ市場)」へ
  • 「相場価格」から「価値基準の価格設定」へ
  • 「下請け」から「元請け」へ
  • 「部品製造」から「セット部品・最終商品の製造」へ
  • 「卸売」から「直販」へ
  • 「仕入小売・仕入卸売」から「 製造小売・ 製造卸売」へ
  • 「プラットフォーマー経由の集客」から「自前の集客」へ
  • 「ノーブランド」から「ブランド」へ
  • 「これらを組み合わせる」へ
いかがでしょうか?
20%アップの可能性が見えてきませんか?
問題は、その方法論ですよね?
 

売上が伸びる理由

事業のニッチ化により、すごく欲しい商品や提供方法だけど競合がない状況をつくります。
そうして、買って頂きたい顧客層だけに向けて情報発信し、新たな顧客を獲得していきます。
さらに、アップセル、クロスセルで売上アップにつなげていきます。

このように、特定顧客のニーズに応えることで、その商品や提供方法を求める新たな顧客にも買ってもらえるようになるため、売上も伸びるのです。
 

価格改定の方法

機能や品質ではなく、提供価値を前面に押し出すと価格改定できます。
ここでいう提供価値とは、満たされていないニーズを満たすことでの顧客満足や、他社より優れた技術力や企画力で、コスト・パフォーマンス、タイム・パフォーマンス、スペース パ・フォーマンスの改善・革新で生み出す利益を指します。
提供価値を明らかにしたら、以下の要領で価格改定の実務に入ります。
  • 単純に値上げする:対象顧客を絞る・ずらす・変えることで可能
  • 新規顧客から値上げする:提供価値を伝えることで可能
  • 新商品から新しい価格帯に変える:機能・品質・カスタマイズなどで可能
  • 価格帯を上に増やす:機能・品質・カスタマイズなどで可能
  • 一定の粗利益を確保できたら、 影響力は少ない既存顧客から順次値上げしていく:段階を経ることで可能
また、これらを併用することで、粗利益率20%アップが現実のものになっていきます。
 

ニッチ戦略で非競争の環境をつくる

非競争の環境をつくる2つの視点

競争環境から非競争環境への移行は、「マネできない仕組みつくる」あるいは「マネしたくない仕組みつくる」で実現できます。
中小企業では、後者の「マネしたくない仕組みつくる」のほうが現実的です。
たとえば、手間をかける。時間をかける。
一般的に、ムリ・ムラ・ムダのムラ・ムダと思われる細部のことに徹底してこだわると、それが特徴になり付加価値に変わります。
このような考え方は、マス市場では不可能でもニッチ市場では可能です。
 

ニッチ事業に移行する3つの視点

現在の「誰に・何を・どのように」から、「絞る・ずらす・変える」ことで、非競争のニッチ事業に移行することができます。
つまり、強い他社とは正面から戦わないことです。
戦わなければ競合することはありませんし、負けることもありません。
 

6ステップで粗利益率を20%アップする

粗利益率を20%アップには、ちゃんとした手順を踏む必要があります。
それが次の6ステップです。
  1. ニッチ戦略の前提を確認する
  2. 「誰に」をシュミレーションする
  3. 「何を」をシミュレーションする
  4. 「どのように」をシミュレーションする
  5. それに伴い変更する業務
  6. ニッチ戦略シートを作成する
楽して粗利益率20%アップできる方法はありません。
しかし、上記のステップをしっかり踏んで、他社がマネしたくない仕組みにすれば、粗利益率20%アップが実現できます。
なお、上記のシミュレーションは、オリジナルの【ニッチ戦略シミュレーション・シート】で行なって頂きます。
 

粗利率20%アップできるかどうかの質問

その質問はたった1つ、「ペルソナ的な顧客が買わなければならない理由は何か?」です。
この質問に答えてみてください。
ちゃんと答えられるようになれば、粗利益率20%アップが可能になります。
ちなみに、強みを持つ中小企業様が藤屋式ニッチ戦略を採用しなければならない理由は、「粗利益率を20%もアップできるから」です。
 

粗利益率20%アップを藤屋式ニッチ戦略塾で!

藤屋式ニッチ戦略塾で粗利益率20%アップに取り組んでください。
藤屋式ニッチ戦略塾には3つのコースがあります。
  • 【映像コース】(データ&DVD)はここをクリックしてください。
  • 【戦略策定コース】(東京会場、札幌会場、オンライン会場)はここをクリックしてください。
  • 【指導者養成コース】(集合とオンラインの併用)はここをクリックしてください。

  #粗利益率アップ_価格改定 #ニッチ戦略_ポジショニング #ドラッカー_顧客の創造
2023/10/10

ブログ

LINE公式アカウント

メルマガ登録

映像教材

著書一覧

 

セミナー

ニッチトップ戦略塾

コンサルティング

映像教材

会社案内

関連書籍

お客様の声

その他