差別化のネタは社内に隠れている

差別化は、意識的に取り組めば、それほど難しいものではありません。

たとえば、
自社が当たり前にやって好評を得ているのに、他社がやっていないことを、継続的に充実させていけば、それで差別化が図れます。

その充実の度合いを徹底すれば、それが付加価値になって価格にも反映させることができます。

バカみたいに単純な話ですが、現実とはそうしたものです。

それが、自社で当たり前にやっているので、差別化(顧客にとっての魅力)の手段と気づかないだけです。

しかし、そこにニッチ(差別化)のネタが隠れています。ですから、ぜひ、社内の「当たり前」を分析・検討してみてください。