ニッチ戦略塾の講義を映像で受ける ニッチ戦略映像会員
ドラッカー経営実践塾 【藤屋伸二のニッチ戦略塾】をフランチャイズ展開する

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

【概要】

タイトル 【ドラッカーの黒字戦略】
コンセプト 既存事業で売上を伸ばす方法を学ぶ
概要 売上があれば何らかの魅力があります。その魅力をしっかり市場に伝えるだけで売上げは向上します。その方法をわかりやすく伝えます。そうした応急措置をしたうえで、利益が上がる仕組みを組み上げる方法を、中小企業の事例を使って分かりやすく解説します。
対象者 中小企業の経営者や後継者 など
時間 90分~120分
講演内容 (1)ドラッカーで体質を改善する
 -1.ドラッカーのマーケティングの実務
 -2.ドラッカーのイノベーションの実務
 -3.商品・サービスを市場や顧客から見直す

(2)商品・サービスの見せ方・伝え方を変える
 -1.自社の顧客から見た魅力を知る
 -2.「3つの魅力」を決める
 -3.魅力を言える化・見える化・魅せる化する

(3)商品・市場・流通ルートを見直す
 -1.現在の事業を総点検する
 -2.No.になるまでニッチ市場に絞り込む
 -3.ニッチ市場に合わせた商品や流通ルートに変更する

PDF 講演内容をPDFでダウンロード
PDF 64×64

講演時間は主宰者のご要望により、60分からでも可能です。お薦めは120分です。
講演内容は、主宰者のご要望、参加者の属性によって変更する場合もございます。

【詳細】

– 講演タイトル

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

– 講師

藤屋伸二プロフィール

藤屋伸二(ふじや しんじ)
藤屋ニッチ戦略研究所株式会社代表取締役

想定する対象者

すぐにでも黒字経営にしたい経営者および後継者
黒字は確保しているが、もっと利益率をあげたい経営者および後継者

コンセプト/メッセージ

日本ほど、きびしい要求をする顧客がいる国はありません。そうした国でビジネスをしながら売上があるのは、あなたの会社、あなたの商品には、何らかの魅力があるに違いありません。

それは、私が言っているのではなく、購入という形で顧客が言っているのです。多くの競争相手、競合商品のなかから選択して買ってくれる。これほど明確な評価はありません。その理由は何か。

買ってくれる理由を上得意客層に聞いてみる。その答えが「あなたの会社の顧客にとっての魅力」であり、もっとも強化すべきものです。その魅力を「あなたの会社の魅力」として打ち出していけば、同じ魅力を望んでいる顧客たちに支持され、売上げは伸びていきます。

そのための市場への伝え方の3ステップが「言える化」「見える化」「魅せる化」です。

そうして、黒字を実現できれば、次のステップとして既存の事業を見直します。ほんとうに買って頂きたい顧客層だけに絞り込み、その顧客たちが望むもの(低価格を除く機能、品質、納期、柔軟さ、アフターサービス、受注・販売数量など)のうち、「2つ」あるいは「3つ」だけを集中的に強化します。

それが差別化(競争優位性)の強化になります。このように考え方を変えるだけで既存事業の業績は、見違えるように短期間で向上します。

その黒字化のポイントを本講演で習得しましょう。

内容

はじめに

(1)ドラッカーで体質を改善する
~顧客の視点から商品を見ると売れる仕組みがわかる~
 -1.ドラッカーのマーケティングの実務
 -2.ドラッカーのイノベーションの実務
 -3.商品・サービスを市場や顧客から見直す

※ 良い商品が売れるとはかぎりません。そもそも、「どんなものが良い商品か」は顧客が決めるもの。その考え方を理解してもらいます。

(2)商品・サービスの見せ方・伝え方を変える
~現在の商品やサービスの見せ方・伝え方を変える~
 -1.自社の顧客から見た魅力を知る
 -2.「3つの魅力」を決める
 -3.魅力を言える化・見える化・魅せる化する

※ 市場に訴えるための「言える化する」「見える化する」「魅せる化する」方法を、事例をまじえて分かりやすく解説します。

(3)商品・市場・流通ルートを見直す
~商品の魅力を強化し、対象市場・流通ルートを見直す~
 -1.現在の事業を総点検する
 -2.No.1になるまでニッチ市場に絞り込む
 -3.ニッチ市場に合わせた商品や流通ルートに変更する

※ 売上高と利益率から、「力を入れるべきもの」「可もなく不可もないもの」「撤退・廃棄すべきもの」にわけて、利益が上がるように事業を再構築するための簡単な方法を、事例をまじえて分かりやすく解説します。

受講者の感想

考えさせていただくことが多かった。自社に置き換えて考えます。
“できるかもしれない”“やってみよう”という気持ちにさせていただけるお話しです。
中小企業であることが、逆に強みに感じられました。ありがとうございました。
従来とは違った視点で新しい発見ができた。
売上を上げる手法を学べた。あとはどこまで実行できるかです。
ドラッカーの説明を初めて聞いて、すごくわかりやすかった。
わかりやすく、当社の業界でも活用できる様なことを説明してくれたから。
ドラッカーを中小企業向けにわかりやすく説明していただいた。
面白かった。ヒントがたくさんあった。機会があれば、またお話を聞きたい。
藤屋先生のセミナーは2度目ですが、とても参考になり取り組みやすい。
具体例が多く、スライドの内容が充実していて良かった。
モティベーションの持ち方、事業展開の切り口とやり方⇒視点を変えると、これ程判りやすく、計画を立てやすくなるのだと実感した。従業員の説明に活用した

主宰者様の声

・御礼が遅くなってしまいましたが、先日は貴重なお話をいただき、誠にありがとうございました! お陰さまで、受講された皆さまからも、お話に満足された旨のアンケートの回答を数多くいただき、事務局としても大変嬉しく思っております。
 -(某社お客様向け全国大会での基調講演 M様)

・集客の方ですが、会場の定員(96名)に達しましたので、早々に募集打ち切りをさせていただきました。
 -(某商工会議所 A様)

・先日のアンケート集計ができましたので、結果をこのメールに添付させていただきます。参加された方の満足度が非常に高く、ぜひまたご講演をお願いしたいと考えております。
 -(某公的機関 S様)

セミナー実績

新生銀行、広島銀行、十八銀行、西武信用金庫、愛媛信用金庫、凸版印刷、三菱自動車、佐世保重工業、お仏壇のはせがわ、SMBCコンサルティング、九州生産性本部、労働金庫、イセデリカ、東京・大阪をはじめとする各地の商工会議所、東京・埼玉・福岡などの中小企業家同友会、中小企業大学校(仙台、広島、直方、人吉)、JA熊本果実連・JA福岡などの農業団体、法人会、工業会、中小企業団体中央会など(敬称略)

プロフィール

藤屋伸二プロフィール

藤屋 伸二(ふじや しんじ)

1956年福岡県生まれ。1996年 民間企業の勤務を経て藤屋マネジメント研究所を設立。2015年藤屋ニッチ戦略研究所株式会社に改組。1998年からドラッカーをコンサルティング理論のベースに置くようになる。以後、200回以上も読み込んで独自のコンサルティング手法を編み出し、200社を超える中堅・中小企業の業績伸長やV字回復を支援してきたドラッカー活用のスペシャリスト。
著書・雑誌・メディア・講演・コンサルティング・社員研修などを通じて藤屋式ドラッカー活用法の普及活動をしている。このようなことから「日本でもっともドラッカーをわかりやすく伝える男」と言われている。
現在、中小企業経営者を中心に、「必要なことだけをわかりやすく、おもしろく、実践に役立つ」をモットーにした、藤屋式ドラッカー活用法で業績アップの手法を学ぶ会員制の【藤屋伸二のニッチ戦略塾】を主宰している。
ホームページ http://niche-strategy.co.jp/

【著書・監修書】

『ドラッカー思考法大全』
『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』
『ドラッカーから学ぶ多角化戦略』
『ドラッカーの黒字戦略』
『図解で学ぶドラッカー入門』
『図解で学ぶドラッカー戦略』
『20代から身につけたいドラッカー思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのマーケティング思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのリーダー思考法』
『48の成功事例で読み解くドラッカーのイノベーション』
『図解雑学ドラッカー経営学』
『まんがと図解でわかるドラッカー』
『まんがと図解でわかるドラッカー・リーダーシップ論』
『まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論』
『まんが元自衛官みのりドラッカー理論で会社を立て直す』
『まんがでわかるD.カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」』

など22冊(うち4冊は海外でも発行)の累計発行部数は193万部を超える。

講演内容をPDFでダウンロード

講演内容をPDFでダウンロード
PDF 64×64

ニッチ戦略塾の講義を映像で受ける ニッチ戦略映像会員
ドラッカー経営実践塾 【藤屋伸二のニッチ戦略塾】をフランチャイズ展開する

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

【概要】

タイトル 【ドラッカーの黒字戦略】
コンセプト 既存事業で売上を伸ばす方法を学ぶ
概要 売上があれば何らかの魅力があります。その魅力をしっかり市場に伝えるだけで売上げは向上します。その方法をわかりやすく伝えます。そうした応急措置をしたうえで、利益が上がる仕組みを組み上げる方法を、中小企業の事例を使って分かりやすく解説します。
対象者 中小企業の経営者や後継者 など
時間 90分~120分
講演内容 (1)ドラッカーで体質を改善する
 -1.ドラッカーのマーケティングの実務
 -2.ドラッカーのイノベーションの実務
 -3.商品・サービスを市場や顧客から見直す

(2)商品・サービスの見せ方・伝え方を変える
 -1.自社の顧客から見た魅力を知る
 -2.「3つの魅力」を決める
 -3.魅力を言える化・見える化・魅せる化する

(3)商品・市場・流通ルートを見直す
 -1.現在の事業を総点検する
 -2.No.になるまでニッチ市場に絞り込む
 -3.ニッチ市場に合わせた商品や流通ルートに変更する

PDF 講演内容をPDFでダウンロード
PDF 64×64

講演時間は主宰者のご要望により、60分からでも可能です。お薦めは120分です。
講演内容は、主宰者のご要望、参加者の属性によって変更する場合もございます。

【詳細】

– 講演タイトル

すぐ黒字、より黒字にするためのドラッカーの黒字戦略

– 講師

藤屋伸二プロフィール

藤屋伸二(ふじや しんじ)
藤屋ニッチ戦略研究所株式会社代表取締役

想定する対象者

すぐにでも黒字経営にしたい経営者および後継者
黒字は確保しているが、もっと利益率をあげたい経営者および後継者

コンセプト/メッセージ

日本ほど、きびしい要求をする顧客がいる国はありません。そうした国でビジネスをしながら売上があるのは、あなたの会社、あなたの商品には、何らかの魅力があるに違いありません。
それは、私が言っているのではなく、購入という形で顧客が言っているのです。多くの競争相手、競合商品のなかから選択して買ってくれる。これほど明確な評価はありません。その理由は何か。
買ってくれる理由を上得意客層に聞いてみる。その答えが「あなたの会社の顧客にとっての魅力」であり、もっとも強化すべきものです。その魅力を「あなたの会社の魅力」として打ち出していけば、同じ魅力を望んでいる顧客たちに支持され、売上げは伸びていきます。
そのための市場への伝え方の3ステップが「言える化」「見える化」「魅せる化」です。
そうして、黒字を実現できれば、次のステップとして既存の事業を見直します。ほんとうに買って頂きたい顧客層だけに絞り込み、その顧客たちが望むもの(低価格を除く機能、品質、納期、柔軟さ、アフターサービス、受注・販売数量など)のうち、「2つ」あるいは「3つ」だけを集中的に強化します。
それが差別化(競争優位性)の強化になります。このように考え方を変えるだけで既存事業の業績は、見違えるように短期間で向上します。
その黒字化のポイントを本講演で習得しましょう。

内容

はじめに
(1)ドラッカーで体質を改善する
~顧客の視点から商品を見ると売れる仕組みがわかる~
 -1.ドラッカーのマーケティングの実務
 -2.ドラッカーのイノベーションの実務
 -3.商品・サービスを市場や顧客から見直す
※ 良い商品が売れるとはかぎりません。そもそも、「どんなものが良い商品か」は顧客が決めるもの。その考え方を理解してもらいます。
(2)商品・サービスの見せ方・伝え方を変える
~現在の商品やサービスの見せ方・伝え方を変える~
 -1.自社の顧客から見た魅力を知る
 -2.「3つの魅力」を決める
 -3.魅力を言える化・見える化・魅せる化する
※ 市場に訴えるための「言える化する」「見える化する」「魅せる化する」方法を、事例をまじえて分かりやすく解説します。
(3)商品・市場・流通ルートを見直す
~商品の魅力を強化し、対象市場・流通ルートを見直す~
 -1.現在の事業を総点検する
 -2.No.1になるまでニッチ市場に絞り込む
 -3.ニッチ市場に合わせた商品や流通ルートに変更する
※ 売上高と利益率から、「力を入れるべきもの」「可もなく不可もないもの」「撤退・廃棄すべきもの」にわけて、利益が上がるように事業を再構築するための簡単な方法を、事例をまじえて分かりやすく解説します。

受講者の感想

考えさせていただくことが多かった。自社に置き換えて考えます。
“できるかもしれない”“やってみよう”という気持ちにさせていただけるお話しです。
中小企業であることが、逆に強みに感じられました。ありがとうございました。
従来とは違った視点で新しい発見ができた。
売上を上げる手法を学べた。あとはどこまで実行できるかです。
ドラッカーの説明を初めて聞いて、すごくわかりやすかった。
わかりやすく、当社の業界でも活用できる様なことを説明してくれたから。
ドラッカーを中小企業向けにわかりやすく説明していただいた。
面白かった。ヒントがたくさんあった。機会があれば、またお話を聞きたい。
藤屋先生のセミナーは2度目ですが、とても参考になり取り組みやすい。
具体例が多く、スライドの内容が充実していて良かった。
モティベーションの持ち方、事業展開の切り口とやり方⇒視点を変えると、これ程判りやすく、計画を立てやすくなるのだと実感した。従業員の説明に活用した

主宰者様の声

・御礼が遅くなってしまいましたが、先日は貴重なお話をいただき、誠にありがとうございました! お陰さまで、受講された皆さまからも、お話に満足された旨のアンケートの回答を数多くいただき、事務局としても大変嬉しく思っております。
 -(某社お客様向け全国大会での基調講演 M様)
・集客の方ですが、会場の定員(96名)に達しましたので、早々に募集打ち切りをさせていただきました。
 -(某商工会議所 A様)
・先日のアンケート集計ができましたので、結果をこのメールに添付させていただきます。参加された方の満足度が非常に高く、ぜひまたご講演をお願いしたいと考えております。
 -(某公的機関 S様)

セミナー実績

新生銀行、広島銀行、十八銀行、西武信用金庫、愛媛信用金庫、凸版印刷、三菱自動車、佐世保重工業、お仏壇のはせがわ、SMBCコンサルティング、九州生産性本部、労働金庫、イセデリカ、東京・大阪をはじめとする各地の商工会議所、東京・埼玉・福岡などの中小企業家同友会、中小企業大学校(仙台、広島、直方、人吉)、JA熊本果実連・JA福岡などの農業団体、法人会、工業会、中小企業団体中央会など(敬称略)

プロフィール

藤屋伸二プロフィール

藤屋 伸二(ふじや しんじ)
1956年福岡県生まれ。1996年 民間企業の勤務を経て藤屋マネジメント研究所を設立。2015年藤屋ニッチ戦略研究所株式会社に改組。1998年からドラッカーをコンサルティング理論のベースに置くようになる。以後、200回以上も読み込んで独自のコンサルティング手法を編み出し、200社を超える中堅・中小企業の業績伸長やV字回復を支援してきたドラッカー活用のスペシャリスト。
著書・雑誌・メディア・講演・コンサルティング・社員研修などを通じて藤屋式ドラッカー活用法の普及活動をしている。このようなことから「日本でもっともドラッカーをわかりやすく伝える男」と言われている。
現在、中小企業経営者を中心に、「必要なことだけをわかりやすく、おもしろく、実践に役立つ」をモットーにした、藤屋式ドラッカー活用法で業績アップの手法を学ぶ会員制の【藤屋伸二のニッチ戦略塾】を主宰している。
ホームページ http://niche-strategy.co.jp/

【著書・監修書】

『ドラッカー思考法大全』
『ドラッカーに学ぶ「ニッチ戦略」の教科書』
『ドラッカーから学ぶ多角化戦略』
『ドラッカーの黒字戦略』
『図解で学ぶドラッカー入門』
『図解で学ぶドラッカー戦略』
『20代から身につけたいドラッカー思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのマーケティング思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのリーダー思考法』
『48の成功事例で読み解くドラッカーのイノベーション』
『図解雑学ドラッカー経営学』
『まんがと図解でわかるドラッカー』
『まんがと図解でわかるドラッカー・リーダーシップ論』
『まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論』
『まんが元自衛官みのりドラッカー理論で会社を立て直す』
『まんがでわかるD.カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」』
など22冊(うち4冊は海外でも発行)の累計発行部数は193万部を超える。

講演内容をPDFでダウンロード

講演内容をPDFでダウンロード
PDF 64×64