継続的に儲かる仕組みをつくる
藤屋式ニッチ戦略
藤屋伸二 藤屋伸二(ふじや しんじ)
中小企業に『藤屋式ニッチ戦略』を普及・浸透する
藤屋ニッチ戦略研究所 株式会社 代表取締役

 

■想定する対象者

  • 継続的に儲かる仕組みをつくりたい中小企業の経営者・後継者
  • 価格競争から脱却したい中小企業の経営者・後継者

■コンセプト/メッセージ

 中小企業だから弱いのではありません。独自化あるいは差別化を実現する「ニッチ市場」にいないから弱いのであり、儲からないのです。
 一般的に使われるニッチは「すき間」ですが、経営的には「地位」(生存可能な領域)であり、「生存に適したところ」という意味です。たとえば、高級スポーツカーのフェラーリは、売上高3,000億円の会社ですが、年間生産台数9,000台という超ニッチ市場を対象とする優良企業です。超ニッチ市場でも、売上高3,000億円は可能です。

 つまり、「中小企業として生きるのであれば、ニッチ戦略が最適である」と言えます。「生態学的ニッチ」とは、生物が自然の生態系の中で、競争に勝つか、耐え抜いて得た、生きるための地位(ニッチ)です。したがって、ニッチ(最適な経営環境)を得た会社は、安定した生存(経営)が可能になります。
 このような戦略を提案する藤屋式ニッチ戦略は、「競争を避け、独自化あるいは差別化実現する戦略」となります。

 そん都合がよい戦略があるのか、と疑問に思うかもしれません。しかし、中小企業のなかには、目立たないだけで、このような藤屋式ニッチ戦略を実行して、業績を伸ばしている中小企業がたくさんあります。
 このような中小企業にとって最適な『藤屋式ニッチ戦略』を、事例と図解と演習シートを使って、分かりやすく解説します。

■内容

はじめに
中小企業として生き抜く覚悟はあるか!

1.藤屋式ニッチ戦略の事例10連発
~高収益をもたらす生態学的ニッチ戦略~

(1)大企業には魅力がない市場で独自化
(2)中小企業がやりたがらない市場で独自化
(3)大企業も中小企業も無視する市場で独自化

※ 藤屋式ニッチ戦略は、一般的に思われているすき間(ニッチ)ではありません。強い競争相手と棲み分ける方法です。だから、同じ努力で継続的に儲かる仕組みができるのです。

2.これが藤屋式ニッチ戦略!
~戦略とは捨てる勇気である~

(1)独自化と差別化のちがい
(2)事業展開5つの方向性
(3)10分類できる藤屋式ニッチ戦略

※ 一口に「ニッチ戦略」と言っても、ピンからキリまであります。ここでは生態学的な切り口から、ニッチ戦略を10に細分化して紹介します。

3. ニッチ市場の見つけ方
~ちょっとした情報からチャンスを見つける~

(1)ニーズに応える
(2)ニーズを創り出す
(1)成功を活用する

※ ニッチ市場は、現在の対象市場を、「もうひと絞りする」「視点をずらす」「視点を変える」ことで見つけることができます。

■プロフィール

藤屋 伸二(ふじや しんじ)

  • 1956年福岡県生まれ。1996年 藤屋マネジメント研究所(現 藤屋ニッチ戦略研究所 株式会社)を設立。1998年からドラッカーの研究をはじめる。以後、250回以上も読み込んで、ドラッカーの中小企業向け事業戦略である「生態学的ニッチ戦略」を考案し、『藤屋式ニッチ戦略』としてコンサルティング理論の基礎にして、300社を超える中堅・中小企業の業績伸長やV字回復を支援してきた。
  • 著書・監修書、雑誌への寄稿、講演・セミナー、コンサルティング・社員研修などを通じて『藤屋式ニッチ戦略』の普及・浸透活動を行なっている。
  • 現在、中小企業経営者を中心に、「反復して身につける」をモットーに、【藤屋伸二のニッチ戦略塾】【藤屋伸二のイノベーション塾】【藤屋伸二のイノベーション塾】を主催している。

ホームページ http://niche-strategy.co.jp/

【著書・監修書】

『ドラッカーに学ぶ ニッチ戦略の教科書』
『ドラッカー100の言葉』
『ドラッカーの黒字戦略』
『図解で学ぶドラッカー入門』
『図解で学ぶドラッカー戦略』
『20代から身につけたいドラッカー思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのマーケティング思考法』
『20代から身につけたいドラッカーのリーダー思考法』
『48の成功事例で読み解くドラッカーのイノベーション』
『図解雑学ドラッカー経営学』
『まんがと図解でわかるドラッカー』
『まんがと図解でわかるドラッカー・リーダーシップ論』
『まんがでわかるドラッカーのリーダーシップ論』
『まんがでわかるドラッカーのマネジメント』
『まんが元自衛官みのりドラッカー理論で会社を立て直す』

などドラッカー関連図書だけでも26冊(うち5冊は海外でも発行、電子版を含む)の累計発行部数は208.8万部を超える。

ご依頼・お問い合わせ

御社名 *
お名前カナ(姓名) *
お名前(姓名) *
メールアドレス *
※メールが遅配しやすいYahooなどのフリーメールアドレスは、
極力お使いにならないようにお願いします

※間違えて入力されると確認メールが届きませんので、
入力したメールアドレスを今一度ご確認ください
役職 *
郵便番号 * -
住所 *
電話番号 *
ホームページアドレス
当塾を知ったきっかけ *
件名
依頼内容