藤屋伸二のニッチ戦略塾の講義を映像で受ける 藤屋伸二のニッチ戦略 映像会員
経営実践塾 【藤屋伸二のニッチ戦略塾】をフランチャイズ展開する

藤屋伸二の経営計画塾

「顧客の利益」と「自社の利益」、「現在の利益」と「将来の利益」のバランスをとる

事業のマネジメントの失敗は致命的。しかし、事業のマネジメントが正しくても、組織のマネジメントや人と仕事のマネジメントがまちがっていれば、正しい事業のマネジメントを台無しにする。また、事業のマネジメントと組織のマネジメントが正しくても、人のマネジメントや仕事の設計がまちがっていれば、生産性はあがらない。
つまり、高収益企業になるためには、事業、組織、人と仕事の3つのマネジメントを高いレベルでバランスさせなければならない。

会費 / ¥ 50,000(税別)

お知らせ

ドラッカーの理想企業の設計

ドラッカーの『創造する経営者』の「第9章 強みを基礎にする」のなかに、「理想企業の設計」というのがあります。 これを【藤屋伸二のニッチ戦略塾】用に、他の要素を組み入れてオリジナルの『理想事業の設計シート』を作りました。 […]

コメントなし

【藤屋伸二の経営計画塾】新年度スタートです!

ドラッカーのマネジメントをベースにした【藤屋伸二の経営計画塾】、本日スタートです。 3年目5名、2年目3名、今年度から5名でのスタートです。 4月のテーマは、『社長が成果を上げるための8つの習慣』です。 Facebook […]

コメントなし

概要

塾の3つのマネジメント

一般的にマネジメントは、「経営管理」と訳されています。しかし、本塾では「経営そのもの」をさします。あるいは、「経営陣」をさすこともあります。この場合のマネジメントは「経営機関」(経営の仕組み)をさします。
本塾でのマネジメントは、「経営そのもの」をさすことにします。そして、中小企業が対象ですので、経営機関=経営者とします。

塾の3つマネジメント

本塾でのマネジメントは、(1)事業のマネジメント、(2)組織(管理者)のマネジメント、(3)人と仕事のマネジメント、の3つで構成されています。
「事業のマネジメント」の失敗は致命的です。戦略の失敗は戦術(運用)レベルではカバーできないからです。しかし、事業のマネジメントが正しくても、「組織のマネジメント」や「人と仕事のマネジメント」がまちがっていれば、正しい事業のマネジメントを台無しにしてしまいます。
また、「事業のマネジメント」と「組織のマネジメント」が正しくても、「人のマネジメントや仕事の設計」がまちがっていれば、生産性はあがりません。
つまり、高収益企業になるためには、「事業のマネジメント」「組織のマネジメント」「人と仕事の3つのマネジメント」を高いレベルでバランスさせなければ、強くて良い会社にはならないのです。

屋伸二の経営計画塾の特徴

企業は3つのマネジメント分野で構成されていますが、組織のマネジメントは、100人を超える頃から重要性を増してきます。その規模までは、「事業のマネジメント」をしっかりやっていくことが重要だと考えます。
したがって、本塾では、事業のマネジメントを中心に進め、その推進のための「組織」と「仕事」の設計を行ない、社員のやる気を引き出す方法を紹介していくプログラム構成をとっています。
ここでも、一方的な講義だけでなく、塾生を巻き込んでの質問とアドバイス、課題の発表で、理想とする企業像に近づけていきます。
そのため、定員も30名とします。第1期は12名、第2期は16名でしたが、一人ひとりとのかかわりは深くなるのですが、多様性に欠ける欠陥も出てきました。そこで、把握できる範囲内で最大人数となると、30人が適当な人数ではないかと考えました。なお、第2期から継続する塾生が10名いるため把握する塾生は新規の方々だけになりますので、30人でも問題ありません。

供するサービス

● 毎月の例会(セミナー)
● 講義を収録した映像(DVDまたはYou Tubeでの視聴)
● セミナーや懇親会での相談やアドバイスは無料ですが、個別相談や個別対応(コンサルティング、社員教育)などは有料となります。

くに、以下のような方にお勧めします。

◆ 藤屋式ニッチ戦略で経営計画をつくりたい経営者・後継者
◆ 業績向上を図りたい経営者・後継者
◆ 社員を育てたい経営者・後継者

お申し込みフォームはこちら

日付 時間
4月11日(火) 13:00~18:00
5月 9日(火) 13:00~18:00
6月13日(火) 13:00~18:00
7月11日(火) 13:00~18:00
8月 8日(火) 13:00~18:00
9月12日(火) 13:00~18:00
10月10日(火) 13:00~18:00
11月14日(火) 13:00~18:00
12月12日(火) 13:00~18:00
1月 9日(火) 13:00~18:00
2月13日(火) 13:00~18:00
3月13日(火) 13:00~18:00

※ なお、各月のプログラムは、予告なしに変更することもあります。
多忙のなかで毎月のセミナー出席、毎月出される課題への取り組み、人前での発表など、努力を必要とする経営者の塾です。 しかし、努力し甲斐のある経営者の塾でもあります。

塾の流れ

・発表
前月の課題を皆さんの前で発表(持ち時間7分)して頂きます。 発表の目的の第1は、学んだことを人に伝えられるまで理解することです。第2は発表に対する質問とアドバイスです。これにより、より本質的な経営課題に気づき、利益を伴う売上増に結びつけることができます。毎月のセミナーは、講演会のような一方向の形式ではなく、 質疑応答、講義と発表の繰り返しでニッチ戦略思考を確実なものにしていきます。

月のテーマ

4月・・・成果をあげる能力は修得できる
4月・・・社長が成果を上げるための8つのポイント
5月・・・継続的に儲かる経営に必要な知識
6月・・・3分野のビジネス・チャンス
7月・・・事業戦略を作る前に決めておくべきこと
8月・・・競争を避ける藤屋式ニッチ戦略
9月・・・ニッチ市場で売上げを創るための実務
10月・・・現在の事業構造とコスト構造を分析する
11月・・・理想事業を設計する
12月・・・「ニッチ戦略シート」を作成する
1月・・・戦略を実務に転換するための8つの目標
2月・・・経営計画書を作成する
3月・・・「成果発表」(希望者)と「まとめの講義」

※ なお、各月のプログラムは、予告なしに変更することもあります。

お申し込みフォームはこちら

ミナーの収録DVDが送られてきます

送られてきたDVDを繰り返し聞くたびに理解が深まっていきます。 また、やむをえず欠席したときには、講義に空白ができない継続学習に役立ちます。

親会

真剣な例会(セミナー)のあとは、 藤屋や学習意欲が高い仲間と気楽に本音の情報交換をしましょう。 ここでは個別の相談にも気軽に応じています。なお、懇親会への参加義務はありません。 参加をご希望される方だけご参加ください。

利用料金・その他

送られてきたDVDを繰り返し聞くたびに理解が深まっていきます。 また、欠席したときには、講義に空白ができないように継続学習に役立っています。塾生の中には5回以上見る(移動中に聞く)人もいて重宝がられています。

料金

セミナーとDVDがセットになって、月額50,000円(税別) です。 また、入塾費も無料です。

支払方法は口座振替(自動引落)

◆ ご指定の銀行口座を登録して頂き、その口座から毎月引き落としされます。
◆ 塾生様のご事情で中途退塾しても、ご返金は致しません。
◆ 塾生資格は口座振替の翌月末までとなります。

すぐ、お申し込みしましょう!

商品開発や市場開拓を実現するためにも、今すぐにお申し込みください。企業経営は、成功するほど、やるべきことが増えてきます。また、そのタイミングは、思っているより速くやってきます。
質問力とアドバイス力の藤屋伸二が、志が高い仲間と一緒に、あなたの入塾をお待ちしています。

お申し込みフォームはこちら

1.社長が成果をあげるための8つのポイント

マネジメントとは「経営」のこと。経営で業績をあげた人の能力や性格は多様ですが、行動には共通点があります。それが、「8つのポイント」です。
本塾では、この8つのポイントから入っていきます。なぜならば、この8つのポイントを身につけないと、何を学んでも成果をあげることができないからです。

2.継続的に儲かる経営に必要な知識

事業の3要素は市場・商品・流通経路です。それらを決定するマーケティングの視点、自社の強み、コスト、市場・商品・流通経路の分析方法などを、藤屋式ニッチ戦略の視点から解説します。
事業は常に、「顧客の利益」と「自社の利益」、「短期の利益と長期の利益」のバランスを取らなければ継続的に儲かる仕組みにはなりません。今回は、そのようなことを理解して頂きます

3.3分野のビジネス・チャンス

強みに基づく3つのアプローチ、マイナスをプラスに変える3つの思考法、すでに起こった未来をチャンスとしてとらえる思考法を紹介します。
誰にも見えるチャンスには、皆が群がるため過当競争の世界が待っています。そこには、価格競争しかありません。しかし、ちょっと視点を変えるだけで他社が避ける事象をチャンスとしてとらえることができます。今回は、その真骨頂ともいうべき発想法を学んで頂きます。

4.事業戦略を作る前に決めておくべきこと

戦略的な意思決定とは? 事業戦略と経営計画とは? 戦略を業績に結びつけるための仕組みづくりとは? 今回は、そのような実務的なことを学んで頂きます。

5.競争を避ける藤屋式ニッチ戦略

中小・零細企業の事業戦略は、4群に大別することができます。そこの4群は、さらに10個の事業戦略に細分化することができます。
今回は、「10の企業家戦略」を紹介します。

6.ニッチ市場で売上げを創り出すための実務

マーケティングもイノベーションも、中小企業には別の世界のことのように感じているかもしれません。しかし、業績の良い中小企業では、無意識のうちに実践していることが多いのです。
顧客を創造する2つの機能(マーケティングとイノベーション)を、中小企業向けにアレンジした考え方と手法を解説します。この2つの機能を理解し、実践するだけで業績が上向いてきます。

7.現在の事業構造とコスト構造を分析する

普通、現状分析と言えば、「決算書」や商品別の「売上」と「粗利益率」で行ないます。しかし、本塾では、「自社の強みの有効性」「市場・商品・流通経路のライフサイクル」「主力商品と補助商品」などの視点から、経営環境と対比しながら現在の事業を分析します。
これらの分析は、分析方法さえ知っていれば単純そのものなのですが、知らないままで過ごすと、それぞれの劣化に気づくのが遅れ、経営危機に陥ることもあります。経営危機を回避し、チャンスに経営資源を集中する方法を学んで頂きます。

8.理想事業を設計する

理想事業とはなりたい姿、事業の理想的な形です。人は願ったことは叶う可能性がありますが、願わずに叶うことはありません。それは、努力の方向性が違うからです。
今回は、理想事業(理想とする事業の仕組み、ビジネス・モデル)の設計手順を通じて、事業戦略に必要不可欠な要素を検討していきます。

9.「ニッチ戦略シート」を作成する

今回は、「ニッチ戦略シート」と「アクションプランシート」の作成がテーマになります。
「ニッチ戦略シート」には、藤屋式ニッチ戦略を策定するうえで必要な情報が、過不足なく含まれています。つまり、「あると良い」レベルのものは、すべて排除しました。分厚い経営計画書の作成を指導する人もいるようですが、本塾では常に実践的・現実的な仕事を求めます。
また、「アクションプランシート」には、ニッチ戦略を遂行するために必要な業務が過不足なく書き出せるようになってきます。

10.目標によるマネジメント(8つの目標設定)

経営は実践ですから、ヒト・モノ・カネ・時間から「優先順位」と「劣後順位」を決めなければなりません。また、唯一絶対の目標などというものは存在しません。「顧客の利益」と「自社の利益」、「現在の利益」と「将来の利益」のバランスをとる経営をしなければ、継続的に儲かる仕組みはできません。
そのためには「8つの目標」を設定しなければなりません。その設定領域とは、(1)マーケティングの目標、(2)イノベーションの目標、(3)生産性の目標、(4)人的資源の目標、(5)物的資源の目標、(6)資金の目標、(7)社会的責任の目標、(8)利益の目標、です。
これにより、理想事業の設計のための仕事と、今期の利益をあげるための仕事が、1つに結びつきます。

11.経営計画書を作成する

10ヵ月に分けて学んできた藤屋式経営計画に必要な部品(パーツ)を、経営計画書という形で統合(完成)させます。これで、理想とする企業像になれるのかを検証していきます。

12.「成果発表(希望者)」と「まとめの講義」

11か月の学習で、どのような仕組みができたのか、どのような成果をあげることができたのかを、希望者に発表して頂きます。その発表に対して、質問やアドバイスを、他の塾生と藤屋から行ないます。それらの質問とアドバイスから、一人よがりな経営(マネジメント)に陥らないようになります。
希望者の発表や質疑応答などから、塾生全体にかかわる重要事項、誤解などを踏まえて、もう一度、藤屋式経営計画のポイントをお伝えします。わかったつもりで終わらせないための最終確認です。

経営計画塾のお申し込み

お名前(姓名) *
※日本語表記(漢字・ひらがな・カタカナ)で入力してください
メールアドレス *
※メールが遅配しやすいYahooなどのフリーメールアドレスは、
極力お使いにならないようにお願いします

※間違えて入力されると確認メールが届きませんので、
入力したメールアドレスを今一度ご確認ください
郵便番号 * -
都道府県 *
住所 *
電話番号 *
御社名 *
役職 *
部署
ホームページアドレス
当塾を知ったきっかけ *
会員規約確認 * 提供するサービス・会員規約をお読みになり、
同意された方は、必ずチェックをしてください