中小企業の三大課題

根本的な原因は何か?

売上不足、資金不足、人材不足

しかし、

  • 売上げを伸ばそうにも資金がない。人材がいない。
  • 資金を調達しようにも、今の経営状態では銀行は貸してくれない。
  • 人を集めようにも、優秀な人は来てくれない。優秀どころか、頭数さえ足りない。

これでは、八方ふさがりで手の打ちようがありません。つまり、今の御社は、顧客、資金、人材が集まる仕組みになっていません。

そこに欠落しているのは、戦略であり、戦略の基になるビジョン(理想とする企業像)です。

つまり、経営が「目標による経営」になっていないのです。計画はあるがビジョンがありません。では、計画の根拠は何か。前年比です。過去が基準になっています。あるいは、ビジョンもあり、戦略もあり、中期経営計画もありますが、具体策がありません。

三大課題を解決するために

過去を無視して経営はできませんが、過去を基準にした経営では、発展どころか、現状の打開すらできません。

必要なことは、現状を踏まえ、理想とする企業像を描き、その理想像に到達する戦略を描き、そのための計画をつくり、実行することです。

このプロセスを設計するには「ドラッカー」が最適です。しかし、そのドラッカーは難しいし、分からない。

それを分かりやすく学ぶのがこちらです。

無料体験もできます。

各会場の開催日はこちらです。

「百聞は一見に如かず」です。今すぐ、無料体験にお申し込みください。きっと、御社の将来に希望の陽(ひ)が差すことでしょう。

Follow me!