今、主催している経営塾・社長塾で、何か物足りないと思っている方へ

経営者と具体的な売上げアップの話ができますか?

「戦略塾だから売上げの話は必要ない!」とお考えでしょうか?

それとも、「中小企業の社長が参加する塾だから、売上げアップに結びつくことは当然だ!」とお考えでしょうか?

中小企業の「3大悩み」は「売上げ増」「資金不足」「人材不足」です。しかし、利益を伴なう売上げが増えれば、資金不足も人材不足も解決に向かいます。つまり、中小企業では、利益を伴なう売上げを創ることが課題解消の特効薬という訳です。

環境変化で顧客密着のあり方も多様化する

例えば、ネット社会では密着=地域ではありません。業績が良い健康食品の通販などは、顧客に密着していますが、地域は関係ありません。「密着」の意味も変わってくるのです。

「地域密着」は、これからも顧客や市場との重要な関わり方の1つですが、唯一の方法ではありません。

このような状況に対応するために、ご案内の【ドラッカー経営実践塾】では、ニッチ戦略だけでも10個に細分化しています。その他の細分化した戦略を含めた合計は22個にもなります。その中から、自社にピッタリあった戦略を選んで、あるいは、組み合わせて実践すると、差別化あるいは独自化の仕組みが出来上がります。

それが、継続的に儲かる仕組み、すなわち、戦略を創ることです。

本塾は「戦略」と「実践的な事例」を提供するフランチャイズ塾です

論語に、「子曰く、学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし)」というのがあります。

それは、「学んで、その学びを自分の考えに落とさなければ、身につくことはない。また、自分で考えるだけで人から学ぼうとしなければ、考えが凝り固まってしまい危険だ」という意味です。

提供する講義資料は、経営理論の最高峰であるドラッカーを、分かりやすく実践的に教えるために中小企業の成功事例を豊富に織り込んでいます。

詳しくは、このサイトで確認してください。

Follow me!