【ドラッカー経営実践塾】塾長研修 第2期生募集

ドラッカーを差別化の武器にするための塾です

【ドラッカー経営実践塾】とは、
弊社が主宰している【ニッチ戦略塾】をFC(フランチャイズ)展開するものです。
貴社には「独自化」の、塾生には「差別化」の武器を提供します。
塾生の対象は、
取引先、協力会社、グループ企業、新規の見込み客などが考えられます。

【ドラッカー経営実践塾】の概要

【ドラッカー経営実践塾】では、
6ヵ月間でドラッカーのニッチ戦略を学び、
毎月、課題に取り組んで頂きます。
そして、最終的に添付の【ニッチ戦略シート】にまとめ上げます。
6ヶ月のワンサイクルで卒業する人もいるでしょうし、
繰り返し学ぶ人も出てくるでしょう。
いずれにしても、共通言語ができ、
塾生とのコミュニケーションツールや経営指導などにも使えます。

利益を伴う売上げを獲得するために

すべての業種・業界に共通することですが、
インターネットやクラウドの進化と普及により、
単純なノウハウ、ルーティンに近い情報処理では頂ける料金は、
かぎりなく安価になっていきます。

反対に、取引先、協力会社、グループ企業の利益に直結する高度なノウハウは、
適正な価格で提供することが可能です。

得意先が最もほしい情報は、利益を伴う売上げをあげる方法です。
もし、その方法を、貴社が提供できたら・・・

そのノウハウを提供するのが【ドラッカー経営実践塾】です。

本塾を開催するには、「塾長研修」を受講することが必須条件です。

本研修は、ドラッカーを深く知らない人でも、
ドラッカー経営の実戦が指導できるようになっています。

詳しくは、
このサイトの【ドラッカー経営実践塾】ページでご確認ください。

塾長研修受講生の声

現在、
第1期生(2015年11月から2016年5月まで受講)7名が学んでいます。
(公認会計士・税理士3名、弁理士1名、経営者3名)

◆東京都渋谷区 コンセプトワークス株式会社 天田 幸宏 様
藤屋先生の一番の強みは、その「質問力」にあると思います。
質問がひとつで終わることは少なく、
「なぜ?」「他には?」といった鋭いツッコミが毎回続きます。
まさに、三本の矢ならぬ三本の質問です。
いつかこの質問力を自分も身に着けたいと思っていたところ、
このドラッカー経営実践塾の塾長研修で
秘伝とも言える質問集をもとにロールプレイの実践で
みっちり鍛えていただいています。
コンサルタントとして、社長として一回り以上成長を実感できています。

◆大阪市淀川区 ザック国際特許事務所 崎山 博教 様
「ドラッカーを読んだことがなくても、大丈夫だから」と
誘われて参加したのが、「ニッチ戦略塾」。
参加して驚いたのが、「レベルが高いのに分かりやすい」ということでした。
こんなセミナーを自ら主催してお客様の特許戦略に貢献できたらと思いで、
【ドラッカー経営実践塾】の主催に手を挙げました。
人に教える立場に立つ訓練をすることで、
知識や実践力が格段に向上するのはもちろんのこと、
塾長になろうとする志の高い方との出会いもありますので、
自信を持ってお勧めできます。

◆宮城県石巻市 清水俊雄公認会計士・税理士事務所 清水俊雄様
塾長研修のレベルについていくのは正直辛いです。
でも、それだけ自分に足りていないものに
沢山気付かせてくれる研修だと思っています。
この研修で求められるレベルに
私はまだ到達することが出来ていません。
でも、
この研修を通じて自分が目指すべき姿を
痛切に体感することが出来ました。
また、
志も能力も高い他の受講生の方々からも
沢山の良い刺激を受けています。
単に開塾のためだけではなく、
より高いレベルを目指す経営者に
多くの気づきを与えてくれる研修だと思います。

◆福岡県苅田町 株式会社ダイナ・メディカル 中山 大輔 様
今後、同業他社へのコンサル業務を実施することを念頭に受講しました。
しかし、それ以前に自社のやるべきことが明確となり、
曖昧だった頭の中が整理されてきました。
教える側と教わる側、双方の視点から講義を聴くことで、
自分自身の理解が深まり、短時間で大きな効果が得られていると実感します。
ニッチ戦略塾が予習・復習の場へと変化します。
塾長をするかしないかに関わらず、受講はお勧めですよ!

◆群馬県高崎市 小澤昌人税理士事務所 小澤 昌人様
数年前から「ドラコン藤屋のニッチ戦略塾」に参加させて頂き、

「考える」という経営者の仕事の「型」を学ばせて頂いております。
しかし、この塾の肝は「学ぶ」ことではありません。
アクションプランに落とし込み、実践することです。
実際、実践した人から業績を伸ばしています。
つまり、塾という名の「実践会」なのです。
地元で「ニッチ×創造的模倣×連携」という
業績アップのためのスキルを共有し、実践し合う場ができたら、
税理士としてより一層、地域経済に貢献できると考えています。