独自化の勧め

差別化では、まだ足りない

彗星のごとく現れ、駆け足で去っていった米アップル社の創業者スティーブ・ジョブズが次のような言葉を残しています。

異性を口説くとき、
ライバルが10本のバラを贈ったら、
君は15本贈るかい?
そう思った時点で君の負けだよ。
ライバルが何をしようが関係ない。
相手が望むことを見極めるのが肝心なんだ。

ニッチ戦略の目的は独自化

これこそ、「差別化」ではなく「独自化」ですね。
私たちも、ライバルを気にする「横にらみ志向」(差別化志向)から脱して、ペルソナ(一人にまで絞り込んだ顧客像)が望む商品やサービス、またその届け方を追求しなければなりませんね。

Follow me!