究極のニッチ戦略

「一人」あるいは「一社」のために、店舗や事業の仕組みをつくること。
それがペルソナ(象徴的な顧客像)。

しかし、一人や一社のためにつくった店や仕組みには、
同じようなタイプ・嗜好の顧客が集まるようになる。

特定の人達のための店や仕組みは、他の店や仕組みとちがう。
特定の人には好かれるが、それ以外の人には興味を示されないか、嫌われる。
たとえば、禁煙で、ゆっくりしたい人の喫茶店「スターバックス」がその好例だ。